イシモチのおいしいレシピ10選 | 塩焼きや酒蒸しの作り方をご紹介

イシモチのおいしいレシピ10選 / イシモチの酒蒸し

イシモチの酒蒸しは簡単なのに手が込んでいる

上質な白身をもったイシモチを酒蒸しにしてみましょう。個体の大きさにもよりますが数分蒸すだけでふっくらとした上品な食感をもたらしてくれます。酒は生臭さを取るだけではなく食感の仕上がりにも非常に効果的です。野菜やキノコなどを一緒に入れて蒸してあげるとイシモチの身にそれらのコクが加わり味わい深い一品になります。

イシモチの酒蒸しのレシピ

蒸し鍋に水と酒を入れて沸騰させます。下処理をしたイシモチに飾り包丁を入れ、塩を振ります。鍋の受け皿にお好みで白菜やエノキなどを並べ、その上にイシモチを乗せて蓋をし蒸しあがるのを待ちます。盛り付けは鍋に入れた順番で皿に乗せましょう。仕上げに刻みネギやカイワレをかけると見栄えもよくなります。ポン酢をかけていただきます。

イシモチのおいしいレシピ10選 / イシモチのアクアパッツァ

イシモチのアクアパッツァはワインに合う

イシモチのアクアパッツァもおすすめです。アクアパッツァとは「狂った水」を意味します。その起源は諸説ありますが、地元の漁師が海水を使って魚介類を炒め蒸しにしたという逸話が広く知られているイタリアの料理です。ですので言うまでもなくワインによく合います。冷えた白ワインと一緒に、賑やかに食卓を囲みたい時にぴったりな料理です。

イシモチのアクアパッツァのレシピ

下処理済みのイシモチに飾り包丁を入れ腹にタイムを詰めます。フライパンにオリーブオイルを引き、にんにく、オリーブ、ケッパー、アンチョビを入れ香りを出したらイシモチを入れて焼き目がつくまで焼きます。その後、貝類、プチトマトを入れ水と白ワインを入れ蓋をします。貝類の蓋が開いたら煮汁をイシモチにかけながら火を通します。

イシモチのおいしいレシピ10選 / イシモチの煮つけ

イシモチの煮つけはご飯によく合う

イシモチは煮つけにしても美味しく食べることができます。身がしっかりとしているので薄味よりも思い切って濃いめに煮汁を作ってあげることが大切なポイントです。しっかりと煮汁を吸い込んだ身はご飯の最高なパートナーになります。また日付が変わってもおいしく食べられるので多少の保存がききます。

イシモチの煮つけのレシピ

下処理済みのイシモチに生臭さを消すために霜降りをします。調味料は酒、砂糖、醤油、塩を使います。砂糖は粗目を使うとコクが出やすくなります。お好みでスライスした生姜を入れて煮込むのもおすすめです。火を通したら一度冷まし食べる直前に再び煮ると一層味が染み込みます。霜降りの方法は動画を参考にしてみてください。

NEXT イシモチのおいしいレシピ10選 / イシモチの真薯