キャンプは帽子でおしゃれしよう!おすすめ30選をメンズ・レディース・子供用でご紹介!

日焼けなど紫外線防止や雨よけとして便利なのがアウトドアハットです。シンプルで地味な印象ですが素材やデザインも進化しています。アウトドアハットの保管方法とメンテナンスとともに、おすすめの帽子30選をタイプ別にまとめました。

この記事をかいた人

為せば成る・・・? 一つ一つお世話します!

キャンプで帽子をかぶるわけは?

一日中野外にいることになるキャンプですが、帽子をかぶるのには理由があります。屋外ですので天候とは無縁でいられません。急に振り出した雨の時や日差しが強い時期などには、帽子をかぶっていることがとても役立ちます。また突然に出会った蜂などの防御にもなります。

キャンプで帽子をかぶるとこんなに良いことが!

キャンプで帽子をかぶっていて良いことは、先ず最初につば広の帽子は日よけになるということです。暑い季節は紫外線がかなり強いので、日焼けなど紫外線防止に役立ちます。反対に寒い時期には防寒にもなります。

野外ですので急な雨などの際の雨よけとして便利ということです。最近のアウトドア用の帽子では、 防水になっているものや撥水加工がしてあるもの多いです。また暑い時期の頭部の蒸れ対策に通気性のあるものもあります。

キャンプ帽子はおしゃれの小道具

アウトドアのメーカーから出ているものが多い帽子ですが、小さくロゴが縫い付けてあるものが多いです。アウトドアハットというとシンプルで地味な印象ですが、最近はデザインも進化して人気となっています。

ナチュラルさがあるキャンバス素材の帽子は、色々な場面で着用できるお洒落コーデのアイテムとなっています。

帽子の保管方法とメンテナンス

見た目が綺麗だと放っておきがちですが、基本身に着けるものなので下着と同じ感覚で汚れていくものです。大量のカビや黄ばみなどが出た後で、クリーニングに出しても手遅れになります。度ごとにしっかりした保管とメンテナンスが大事になります。

帽子のメンテナンス方法をご紹介

メンテナンス方法といってもクリーニングに定期的に出すことになります。その方が汗によるカビや黄ばみなどの防止になります。頻度ですが汗をかくことの多い、フェス、ライブ、クラブなどの場合は1度使用したらクリーニングに出しましょう。ファッション的にかぶっている場合は、シーズンごとに出せばいいでしょう。

帽子の保管方法

着用した後が大切で、外で一日陰干しにしにします。床などの地面に置くと、帽子の内側部分が密閉されたようになります。少し浮かせて風通しを良くして乾かします。少しでも濡れた状態のまま、密閉されたケースにしまうとカビが生えるので要注意です。

アウトドアハットの選び方のポイント

頭全体を覆うハットタイプですが、疲労感を感じやすくなる頭部の体温低下を防ぐ意味でも重要です。アウトドアハットの選び方は、機能や素材のフィット感に注目して選びます。もちろん使用目的にも注意します。

機能と素材は

NEXT 機能と素材は