ショアジギングリーダーまとめ|基本情報からおすすめまでをご紹介

近年流行しているショアジギング。自分も始めてみたいのだがどのような道具を揃えればよいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は疑似餌とメインラインの間に入れる糸である「ショアジギングリーダー」についてわかりやすく紹介していきます。

この記事をかいた人

そもそもショアジギングとは

ショアジギングとは何かご存知でしょうか。ショアジギングとは、近年流行しているちょっとかわった釣り方法です。ショアジギングリーダーの紹介の前に、少しだけショアジギングについて紹介します。

最近流行のジギング

船の上からではなく、岸から疑似餌を使う釣り方法。釣り道具以外の余計な費用がかからないため、軽装備で大物を狙えることで人気です。ショアジギングは基本的に大物を釣ることを目的としますが、小型~中型を狙う「ライトショアジギング」も存在します。

ショアジギングの魅力

時間帯や狙う魚種によってルアーや糸の色変えることでを成果が変わってくるのも一つも魅力です。ショアジギング用のルアーはオフショア用のルアーと違い、飛距離やアクションに重視して作られています。間違ったものを買わないように注意が必要です。

ショアジギングリーダーとは

ショアジギングリーダーの役割

なぜショアジギングリーダーが必要なのかご存知でしょうか。それはメインラインのある弱点を補うためなのです。例えばメインラインが伸縮性のない素材で作られていた場合、魚が食いついた時のショックで高切れを起こしてしまうことがあります。そのような事態を防ぐために、衝撃をやわらげるショアジギングリーダーをつけるのです。

高切れの損失を防ぐ

「本当にショアジギングリーダーは必要なのか」と疑問に思う初心者は多いのではないでしょうか。ショアジギングリーダーを付けずに疑似餌とメインラインを直結すると、衝撃に耐えられず高切れを起こしてしまいます。高切れをすると浮きやルアーを失くしてしまうので、通常よりかなり大きな損失になってしまうのです。

ショアジギングリーダーの太さ

ショアジギングリーダーは、フィールドや狙う魚の大きさなどによって太さを変える必要があります。もちろん太いほうが強度は高いのですが、そのぶん小回りが利かず、思うように操作できないといったデメリットもあります。ここからは、ショアジギングリーダーの太さについて紹介していきます。

小型の魚を釣る場合

狙いがサバやサワラなどの比較的小さい魚の場合、10~30ポンドもあれば十分です。サバは横に泳ぐ傾向があるのでラインへの負担は比較的小さいのですが、下に泳ごうとする魚や歯が鋭い魚は糸が摩耗し切れてしまう可能性があるため、魚種によってはできるだけ太めのリーダーを用意しましょう。

中型の魚を釣る場合

ブリやメジロなど、50センチを超える中型の魚を狙う場合、40ポンド以上必要になることもしばしば。当たり前ですが、小型に比べかなり力は強いです。初心者が中型の魚を狙う場合、かなり長めのファイトになるので根性が必要です。

大型の魚を釣る場合

NEXT 大型の魚を釣る場合