冬の海釣りをご紹介|ルアーや堤防でおすすめな魚や服装も!

アジングという釣り方

サビキ釣りの次はアジングという釣りのスタイルです。アジングというのは一年中堤防で釣ることができるアジを、ワームなどを餌として狙うスタイルのことを言います。アジのみならず、カサゴ、メバルといった他の魚も狙うことができ、餌もいらないので初心者でもすぐできるおすすめのスタイルです。

仕掛け

アジングの仕掛けは、ワームにジグヘッドを合わせたものを使用します。サイズが1.5から3センチ程度の透明のカラーのものだと食いつきが良く、ジグヘッドの方は1グラムの重さのものを基準にして、0.8グラムから1.2グラム程度のものを使用しましょう。

タックル

そしてタックルの方は、まず竿が6フィートか7フィート程度の堤防釣りでも扱いやすい長さのもの、リールは長いものを使用する必要はないので、短めで1000から2000番くらいのものがおすすめです。ラインは初心者ならば素材がフロロラインのものだと糸とラインを繋げやすいのでおすすめできます。

冬の海釣りは服装に気をつけて

防寒対策必須

冬の中の釣りも非常に魅力的であるということがお分かりいただけたのではないかと思われます。が、いつも以上に気をつけなければいけないのが防寒の対策です。冬ですので当然気温は低いですし、海となると風も強いです。そのため十二分に寒さへの対策を講じておく必要があります。

服装はどんなものを?

寒さへの対策として一番最初に浮かぶのは服装の工夫でしょう。その服装はどんなものを着ていけばよいかというと、上も下も防寒仕様のもので臨むことが好ましいです。アウトドア用品のメーカーから出ているものであれば寒さを防ぎつつ蒸れを防ぐゴアテックスが使われているようなものもあります。

インナーもこだわってほしい

アウターをしっかりすれば完璧というわけではなく、インナーにも十分に気を配りましょう。冬の海からくる風というのは街中で味わうような風とは全く格が違い、ちょっとでも隙間があればそこから極寒の風が吹き込んできます。ですのでインナーも保温性の高いものを着ていって、隙間なく構えましょう。

冬の海釣りにおすすめの服装

モンベル「サンダーパスジャケット」

それでは、冬の海釣りでおすすめしたい防寒アイテムをご紹介しましょう。まずはアウターからで、モンベルの「サンダーパスジャケット」は独自の防水透湿素材を使っていて、寒い風も完全にシャットアウトしてくれます。釣りだけでなく登山などいろんなアウトドアで活躍してくれるでしょう。

NEXT モンベル「ジオラインL.W.Tシャツ」