冬の海釣りをご紹介|ルアーや堤防でおすすめな魚や服装も!

冬の海釣りをご紹介!堤防で行う釣りの魅力

冬の堤防釣りは初心者におすすめ

初心者が冬場に海での釣りをするのに最もおすすめできる場所は堤防です。堤防からの釣りは冬に限らず一年を通してどんな時期でも釣りの初心者におすすめできる場所で、通年で狙える種類の魚が沢山生息しています。例えばアジやクロダイ、そしてご紹介したシーバスも堤防から狙えるのです。

冬の堤防釣りは手軽にできる

堤防からの釣りは非常に手軽にすることができるというのも、初心者に推奨できる理由です。堤防は釣り場所に行きさえすれば後は道具を用意して釣り糸を垂らすだけで始めることができ、船などを準備したりといった面倒な下準備は必要ありません。手軽にサッと釣りができるのも堤防釣りの魅力です。

釣りポイントを選びやすい

堤防釣りはどの時期でも釣りのポイントを選びやすいのが特徴です。堤防周辺の敷石の隙間やテトラの間など、居そうだなと思ったところにはメバル等の根魚を始めとしてたくさんの魚が生息しています。よっぽど変な場所を狙わない限りはどんな場所を選んでも問題はないものと思われます。

サビキ釣りも冬場の堤防でおすすめ

サビキ釣りについて

ここからは、冬の堤防においておすすめの釣りのスタイルを2つほどご紹介しましょう。まず1つ目はサビキ釣りという釣りの方法で、釣り糸にたくさんの針を用意して小さい魚をいっぺんに釣るというものです。沢山釣ることができた時には非常に面白い方法で、冬のみならず長いシーズンで楽しめます。

サビキ釣りの仕掛け

そんなサビキ釣りで使用する仕掛けは、撒き餌かごと釣具店で売られているようなサビキ釣り用の仕掛けを使います。仕掛けの方は号から6号くらいのものが良いでしょう。そして、魚を近づかせるための撒き餌かごにアミエビなどを練り込んだものを入れておきます。仕掛けはセットで売られているものをそのまま使ってOKです。

サビキ釣り用のタックル

続いてサビキ釣りで使うタックルについてで、竿の方はリールが付いているタイプのものならば基本的にはどんなものでも良いです。が、長すぎたり短すぎたりしてもやりにくいので3メートルあたりの波止竿を使用するとやりやすいでしょう。これに前述の仕掛けをセットして、サビキ釣りを実践することとなります。

冬の海釣りをご紹介|堤防で行う釣り②アジング

NEXT アジングという釣り方