キャンプで子供と遊ぼう!伸びる子の秘訣は楽しむこと!

キャンプに子供を連れて行くことは、子供も大人も大きな学びの機会となります。この記事ではそんなキャンプに子供を連れて行くことのメリットや楽しみ方を紹介しています。この記事を参考にして、普段ではできない貴重な時間を家族で一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事をかいた人

キャンプに子供を連れて行こう

最近、「冬キャンプ」や「グランピング」などキャンプの楽しみ方の幅が広がり、キャンプをする人の数が増加しています。しかし、小さい子供のいる方は、キャンプに子供を連れて行くことについて、危険だし、心配が尽きないのであまり前向きに捉えていないという方も多いのではないでしょうか。

そういった方にも、ぜひキャンプに子供を連れて行くことをおすすめします。キャンプは普段できない貴重な体験が多く、子供たちにとっては成長や学びの機会の宝庫です。子供をキャンプに連れて行くことのメリットや注意点を参考にしながら、ぜひ一度、ファミリーキャンプを検討してみましょう。

キャンプデビューは5歳から

子供のキャンプデビューの最適な年齢はズバリ5歳です。この年齢の子供は運動能力が上がり、様々な遊びにチャレンジできます。また、色々な事へ興味津々で知らないことを教えてあげるとどんどん知識として吸収します。

虫取りや魚釣り、森林散策などで野生の動植物とふれあい、生き物の知識をつけてもいいですし、スポーツやアウトドアレジャーで体を目いっぱい動き回るのもいいです。色々な遊びを通じて子供たちの想像力や知識を深めていきましょう。

危険の知識を付けてあげることも大事です!

普段とは違う環境で危険に対する知識を深めてあげることも大切です。都会とは違った大自然の中では、一見安全そうでも色々な危険が存在しています。川辺や山道、草むらの中など、どの様な危険があり、正しく遊ぶためにはどの様な注意をすればいいのかを教えてあげましょう。

また、キャンプではテント立てや料理などで子供たちにも協力してもらう場面が出てきます。そういった時に正しい道具の使い方を教えてあげることも大事です。普段は使わない道具などの使い方を知っておくと、大人になって役に立つ場面も出てきます。

実用的な面でも幅広い知識を子供に与えてあげることができるのがキャンプの大きな魅力ですね。

小さいうちは無理しないで

5歳はキャンプに子供を連れて行くのに最適な年齢ですが、注意も必要です。この年齢の子供はそれなりの運動能力があるので、目を離したら遠くに行ってしまうことも少なくありません。親の言うことは素直に聞くことのできる年齢でもあるので、事前に約束事を作っておいて子供との意識合わせをしておきましょう。

また、5歳以下の子供でもキャンプデビューをすることは可能ですが、その場合はもっと注意が必要です、親の言うことをあまり聞かない年齢だったり、一人で何もできない年齢であったりすると、常に目を話すことができません。

キャンプでは少しの油断が大きな危険につながるので、子供の成長度合いを見ながら、場合によってはキャンプデビューを先延ばしにするなど無理をしないのも大切です。

メリット

キャンプに子供と一緒に行くメリットは、何と言っても子供たちが楽しみながら多くのことを学ぶことができる点です。実生活に役立つ知識や、それ以外の生き物や遊びの知識まで、キャンプで学べることはとても幅広いです。その様な知識を、実際に自分たちの体で体験するので、知識の吸収力は図鑑を眺めているだけの時と比べて格段に違います。

また、大人たちも子供たちの行動や興味から新たな発見をすることもあります。大人たちも知らなかった知識を専門の人から聞いたり、子供に聞かれて調べてみたりと、キャンプに子供を連れて行くことは多くのメリットがあるのです。

デメリット

キャンプに子供を連れて行くことのデメリットは、子供が病気や怪我をしてしまう可能性が普段よりも上がってしまうと言うことです。1日中外にいることで熱中症になる危険性があったり、蜂などに刺されてしまう、あるいは料理中にやけどをしてしまう可能性もあります。また、わんぱく盛りの子供であればすり傷や切り傷の心配は絶えないでしょう。

キャンプに行くと言うことは、その様な病気や怪我は起こるものであると事前に認識を持っておき、対策をしておくことが大切です。救急セットや水分を余分に持って行ったり、手当の知識を深めておいたりと、事前準備をしておくことで不測の事態にも慌てずに対応できるでしょう。

子供のためのおすすめキャンプ道具

子供をキャンプへ連れて行くときは、持って行く道具も大人だけの時とは少し違ったものを選んでみましょう。そうすることで子供たちの満足度をあげることができ、キャンプがより楽しくなることは間違いないです。子供用のキャンプグッズは意外と色々あるので、ここで紹介している商品を参考にしながら選んでみてください。

テント(コールマンキッズドーム)

NEXT テント(コールマンキッズドーム)