イワナってどんな魚?種類や釣り方、料理のレシピをご紹介します!

夏の風物詩であるイワナは、渓流釣りとしても大人気の魚のひとつです。昔から日本人になじみ深いイワナは魅力がたくさんあります!今回は、イワナの生態や種類、釣り方、料理のレシピまでをまとめました。

この記事をかいた人

イワナとは

イワナは、サケの仲間で、渓流釣りのターゲットとして人気の魚です。国内の魚のなかで、最も水温の低い川を好んで、主に最上流に住んでいます。

イワナの由来

イワナとは名前の通りの由来で、岩の陰に潜んで小さな魚や昆虫、プランクトンなどを捕食するということから「岩のあいだに住む魚」という意味で「イワナ(岩魚)」と命名されました。

イワナはサケの仲間

イワナはサケの仲間イワナは、サケ科の淡水魚の一種です。形がサケに似ているので初めての方だともしかしたら見分けがつかないかもしれません。釣りに行く前にはきちんと狙いたいターゲットの特徴や場所などの下調べも重要になります。

イワナは渓流釣りのターゲットとして人気

イワナは、釣り人の間でも人気のターゲットです。最近ではイワナの養殖も頻繁に行われているので、気軽に楽しめるようになってきています。他の魚に比べて釣りづらいと思われがちですが、初心者の方でも気兼ねなく楽しめるので挑戦してみてくださいね!

イワナの生態

川魚を代表するヤマメや他の魚に比べて、最も冷たい水を好む魚で、主に河川の上流部を拠点としています。産卵の時期は地域や種類によって異なりますが、主に10月~1月ごろで、下流部の流れの穏やかな場所で産卵をします。

イワナは肉食

イワナは、とても貪欲な肉食性の魚で、主に小魚や水中の昆虫、プランクトンなどを捕食します。稀にですが、上流域のイワナは自身の体よりも大きな獲物、ヘビやカエル、クモなどを捕食することもあります。

イワナの産卵時期

およそ2年ほどで約20センチの大きさに成長し、繁殖活動を行います。地域差はありますが、10月~1月の間で産卵します。

イワナの日本記録の大きさは?

NEXT イワナの日本記録の大きさは?