イワナってどんな魚?種類や釣り方、料理のレシピをご紹介します!

イワナの日本記録の大きさは?

イワナは日本各地で大量に釣り上げられています。体長は約30~70センチで場所や種類によって差はありますが、海の豊富な餌の影響で巨大化したものだと70センチを超えるものもいます。釣り人によって運営されている非営利団体、「ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA:JapanGameFishAssociation)」の記録によると、日本記録は、重さ約7.30キロもの大物で、北海道音別川で釣りあげられています。

イワナにはどんな種類がいるのか?

日本には上は北海道、下は九州まで多種多様なイワナがいます。ここでは、代表的なイワナについて詳しくご紹介します。

イワナの種類|ミヤベイワナ

体長:50~70cm

体色:黒色から茶色で、赤色や黄色、オレンジ色などの斑点があります。

生息地:北海道の然別湖という湖とそこに流れ込むでいる水域周辺。

イワナの種類|オショロコマ

体長:おおよそ30cm

体色:体側に赤玉模様が点在していて、種類や生息地によっては、オレンジやピンクなどとさまざまな色に発色します。

生息地:日本国内では北海道から北太平洋へ広く生息。

イワナの種類|二ッコウイワナ

体長:30~80cm

体色:腹部などにかけて、オレンジ色やピンク色の斑点があります。

生息地:岡山吉井川や島根揖斐川付近。

イワナの種類|ヤマトイワナ

体長:25~30cm

体色:くっきりとした白い斑紋はあまり目立たず、赤色の小さな斑紋があります。

生息地:神奈川相模川付近から紀伊半島や琵琶湖周辺などの河川上流部。

イワナの種類|ゴギ

体長:20cm

体色:赤、オレンジなどの小さな斑点があります。

生息地:中国地方の山岳地帯周辺。

イワナの種類|キリクチ

体長:30cm

体色:体側に小斑紋があるのが特徴で、小さな灰色の円点が点在し、側線より下にはさらに小さな朱点があります。

生息地:紀伊半島の十津川水系と日高川水系の2つの地域のごく一部に生息。

イワナの特徴や生態、種類についてまとめた記事もチェックしてみてくださいね!

NEXT イワナ釣りをしよう!