スノーピークのランタンの魅力を徹底解剖!コールマンのランタンにも負けない

スノーピークのランタンは、スノーピーク商品の中では知名度が低いかも知れません。しかし、同社ののガスランタン、LEDランタンには独特の機能を生かした魅力があるのです。今回は、スノーピークのランタンの魅力を徹底解剖します。

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

ランタンの役割と魅力

夜のアウトドア活動を楽しむために必須なアイテム,ランタン。機能性やデザインなどに凝った製品も数多く流通しており、一口にランタンといっても選択の幅は非常に広くなっています。

夜のキャンプサイトを優しく照らし出すランタンはインスタグラムなどのSNSに写真を投稿しているおしゃれキャンパーたちにとって、かなりこだわりのあるアイテムでもあります。

キャンプでのランタンの役割は夜の灯り

キャンプをはじめとして、夜中に活動する必要が出てくるアウトドアでは必須のアイテムがランタンです。キャンプ場は基本的に灯りに乏しく、一般的なライトを使用するような電源設備も無いため、持ち運びすることができるランタンの灯りは必須です。

アウトドアで作るキャンプ料理やキャンプ仲間との夜の談笑を彩る夜の灯りとして、ランタンはアウトドアの名脇役として重宝されています。

ランタンは点火が意外と面倒くさい

ランタンを初めて使う人にとっては、ランタンの点火作業は、意外と面倒くさい作業の一つではないでしょうか。ガソリン式やガス式のランタンの点火には「ポンピング」や「マントルの空焼き」等の作業が伴います。

点火前の手順①ポンピング

ガソリン式ランタンに必須な作業であるポンピング。この作業の目的は、ガソリンタンク内部を高圧にすることによって、燃料を燃焼させやすくすることです。

タンク内にできる限り多くの空気を送り込む必要があるので、自転車のタイヤに空気を入れるのと同様に、以外に力が必要で時間のかかる作業です。ちょっとしたコツなどがあるのも、初心者が難しいと思ってしまう理由の一つです。

点火前の手順②マントルの空焼き

マントルはランタンの発酵部分のパーツです。一度「空焼き」という作業をして白い灰状になるまで焼き付けることでしっかりと発光するようになります。点火部分にマントルが触れてしまうとマントルが破損する原因にもなるので、予め袋状にて成形しておくことも重要です。

また、ランタンのマントルは基本的には消耗品なので、安く購入することができますが、一度から焼きしたマントルは非常にもろく簡単に壊れてしまいますので要注意です。

キャンプをより楽しくおしゃれにするランタン

慣れないうちはどうしても点火作業に手間取ってしまうランタン。しかし、夜のアウトドアは、ランタンの灯りなしでは成り立ちません。何より、ランタンが発する心地よい優しい灯りは、心を癒してくれて穏やかな夜の時間を過ごすのにピッタリ。

夜のキャンプサイトを彩る数々の柔らかなランタンの光は、キャンプの醍醐味でもあり、キャンプをより楽しくするための大事なアクセントでもあるのです。

スノーピークのランタンは、ガスランタンとLEDランタンの2種類!

ランタンには、ガソリンタイプ、LEDタイプ、ガスタイプの3種類が存在しますが、スノーピークから発売されているランタンのモデルは、ガスタイプとLEDタイプの2種類のみ。

ガソリンタイプのランタンは点火作業やメンテナンスなどに慣れが必要になるので比較的玄人向けのアイテムとなっているため、スノーピークのランタンはキャンプ初心者でも気軽に扱えるような便利な商品がそろっています。

ガスランタン

NEXT ガスランタン