カスベとはなに?煮つけや唐揚げの食べ方を紹介!下処理の方法も!

カスベは食べるとおいしい

カスベを食べたことがない人は多いと思いますが、知る人ぞ知る万能な食べ物なんです。プルプルのコラーゲンをたっぷり含み女性には嬉しい美肌効果があります。美肌といえばすっぽん料理などが有名ですが、カスベのコラーゲンはすっぽんにも引けを取らない程です。煮付けたり、唐揚げにしたり食べ方も様々です。

カスベの旬は秋

カスベは夏の中旬くらいから秋にかけてが旬となります。夏の中旬~秋にかけてオホーツク海中心に水揚げされて、11月の中頃からは日本海側でも取れ始めます。カスベはあっさりとした淡白な味わいで癖もないので食欲の秋には嬉しい食べ物の一つです。

カスベの名前の由来

カスベの「カス」は「粕」「滓」と書きます。良い部分を取りさり残った要らないものであるという意味になります。その意味からわかるようにカスベは「取るに足りない魚のカス」「かすのような」という意味でつけられたといわれています。鮮度が落ちてくると白くなりすぐに独特の臭いがしてくるので鮮度が重要です。

カスベはエイヒレにも利用される

カスベのエイヒレはフカヒレ同様のコラーゲンをたっぷり含み美容食にも取り上げられるほどです。煮付けて一日置いた煮こごりはとろっとしていてとてもおいしいです。エイヒレは燻製や干物に加工し、軽く炙りお好みでマヨネーズや醤油、七味を用いて酒肴などとして親しまれています。

カスベが食べられている地域

カスベは主に北海道や東北地方で親しまれている食物ですが、現在では多くはありませんが全国で出回っています。鰭に関してはやはりコラーゲン、たんぱく質を含むことで注目を浴びています。しかし主流となる地域はやはり北海道や東北地方です。

カスベはフランスだとメジャーな食べ物?

カスベは鮮度が落ちてくるとアンモニア臭がするので日本人には苦手とする人も多いのですが、フランスでは高級食材として扱われています。ケイパーバターソースをカスベにかけて食べるムニエル等が主流で家庭でよく使われています。

カスベは主に北海道で食べられている

カスベの水揚げは主に北海道が主流ですが、食べ方にも少し違いがあります。北海道では下処理を行った状態の生のカスベが主に販売されています。生カスベを煮つけてできる煮こごりをごはにかけて食べたり、唐揚げや天ぷらにして食べるのが北海道では一般的です。

カスベは秋田県でも食べられている

カスベは秋田では北海道の様に生ではなく干物が主流で、冷凍技術のなかった時代から受け継がれています。鰭の軟骨を干した干しカスベを煮付けて食べる方法は秋田の有名な土崎の港祭りで郷土料理として振る舞われています。

NEXT カスベの下処理の方法