おすすめ投げサビキの仕掛け|初心者にはセットがおすすめ

海づりを行う際に代表的な「投げサビキ」という釣りのスタイルがあります。このスタイルの特徴は気軽に楽しめることです。調理が簡単かつ美味しい魚を釣ることもでき、魚釣りを初めて間もない方でも気軽に海づりの醍醐味を経験するができます。

この記事をかいた人

おすすめ投げサビキの仕掛け|初心者にはセットがオススメ

実際に沖にいるさかなをねらってみたい!という方。特にビギナーの方はセットになったアイテムを手に入れることをオススメします。どんな釣りの手法なのか、他とはどのように異なっているか、これからお伝えしていきます。

投げサビキとは

しかけに浮きと重りをプラスすることにより、中距離へと投げることを可能にしたものです。したがって、より沖にいる中型・大型の魚たちを狙えるということになります。またしかけを作るのも簡単で釣りを始めてみたいという方にもオススメです。

通常のサビキ釣りとの違い

そのまま海へ糸を垂らして行う釣り、堤防で釣りをする際などは、竿先の距離の範囲の中にしか釣り糸を垂らすことはできません。「投げ」とついているだけあってその名の通りキャストすることが可能です。したがって通常より離れたポイントへ釣り糸を垂らすことができます。サビキ釣りについてはこちらもご参考ください。

投げサビキの魅力

ずばり魅力とは、竿のリーチの範囲では届かないところの魚も狙えるようになることです。必ずしもそこに大物がいるとは限りませんが、場所や条件下においては陸から離れたところに大物がいる確率は十分にあります。

投げサビキの仕掛けの仕組みと作り方

それでは実際にはどのような用具が必要で、どのようにして しかけ を組み合わせて作ればよいのか、実際のしかけの仕組みと作り方を解説します。一度組み立てて慣れてしまえばいたって簡単です。

投げサビキの仕掛けについて

NEXT 投げサビキの仕掛けについて