牛島辰馬最強伝説!不敗と呼ばれゴールデンカムイ牛山のモデルに!その強さに迫る

牛島辰熊。漫画のような名前からして強そうなこの男は柔道において鬼、猛虎と言われた強さを誇っていました。今回は現代の柔道においても最強確実と言われる牛島辰熊の伝説エピソードの数々を紹介したいと思います。ゴールデンカムイの牛山辰馬との関係も取り上げます!

この記事をかいた人

短い夏はBBQ道具一式とともに各地の公園に出没します。 アウトドア、写真、動物と安くておいしい物がすきです。

牛島辰熊は最強の柔道家

まずは牛島辰熊について簡単に紹介します。1904年3月10日に誕生。熊本県で精油業を営む家庭で育ちました。身長170cm、体重85kgで筋肉に恵まれた体格。大日本武徳会柔道教士であり、その強さから鬼の牛島、不敗の牛島と呼ばれていました。鬼と呼ばれた牛島の最強伝説を紹介していきます。

牛島辰熊最強伝説①

Kanenori / Pixabay

次から次へと攻め技を繰り出す荒々しい姿から対戦相手にまるで”猛虎”のようであると恐れられていた牛島辰熊には語り継がれるべき数々の伝説が存在します。”鬼の牛島”や”不敗の牛島”と呼ばれることとなる歴史的試合を振り返っていきましょう。

当時の日本一決定戦を連覇

まだ全国規模の大会がなかった1920年代当時、実質的な日本一決定戦とされていたのは明治神宮大会だった。その後1930年に東京にて全日本柔道選士権大会が開催されるようになる。明治神宮大会、昭和天覧試合に並ぶビッグタイトルとなり、選手にとって憧れの大会であった。

明治神宮大会を3連覇

この大会にて牛島辰熊は1925年から1927年にかけて青年団の部の個人戦にて3連覇を果たしています。当時の日本一を決める大会といえる明治神宮大会での偉業であり、まさに伝説の始まりです。

もちろん伝説と言われるているわけですからこれだけで終わることはなく、牛島辰熊が勝ち取った優勝記録はまだまだ続いていきます。この明治神宮大会で連覇を果たした数年後の1930年より東京にて全日本選士権が始まります。

全日本選士権連覇

qimono / Pixabay

全日本選士権第2回大会にあたる1931年、第3回大会にあたる1932年に壮年前期(20~29歳)の部で連覇を果たします。これにより実質日本一決定戦で5度の勝利を飾ることとなったのです。当時の柔道界では最強と謳われるのに相応しい結果である。

牛島辰熊最強伝説②

Pezibear / Pixabay

牛島辰熊が残した最強伝説はもちろん試合結果だけではありません。常人では真似できないような筋肉トレーニングや体の内側から強さを得ようとする勝利へのこだわりと執着ともいえるほど精神力と努力は最強伝説として語られるべきものである。

試合ではなく死合の古流柔術

stevepb / Pixabay

兄の影響で始めた古流柔術である肥後柔術は試合相手が「参った」と降参するまで勝負は終わることはありません。腰に木製の短刀を指し、勝負後半には相手の首を切りつける動作をすることで一本を取るということもあった。古流柔術は殺人武術という位置づけとされていたのです。

今では考えられないような技法ですが、柔道のルールは時代と共に変わっていったことがよくわかります。近年でもオリンピックなどの大きな試合があるたびに頻繁にルール改訂されているので観戦の際には事前にルールを確認しておくとより楽しめるでしょう。

牛島辰熊の得意技

NEXT 牛島辰熊の得意技