イワタニのタフまるを徹底解剖!新作のタフすぎる性能とは?

2018年2月、カセットコンロの老舗・岩谷産業から新しいガスコンロ、カセットフータフまるが発売されました。これまでのカセットコンロの弱点をフルカバーするタフすぎる設計にファンが急増中です。この記事ではイワタニタフまるを徹底解説していきます!

この記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます。料理が好き、お魚は見るのも食べるのも好き。初心者の方にもわかりやすい記事を目指します。

イワタニのタフまるのタフすぎるアウトドアコンロ

タフまるの特徴は、その名の通り何といってもタフなことです。アウトドアで料理をする際には、風が強く吹いていたり、思ったより気温が低かったりなど、必ずしも天気や気候のいい日にできるとは限りません。そういったときに非常に役に立つのがタフまるなのです。

また、デザインは直線的で黒を基調としています。おしゃれさには欠けるかもしれませんが、その武骨なデザインがかっこいいという方も多くいます。アウトドア用品は赤や茶色、カーキ色など自然になじむような色味のものが多いですが、黒のタフまるは非常に重厚感があります。

タフすぎる設計

タフまるの作りは、アウトドアの様々な条件下にも耐えうるようタフな設計となっています。アウトドアクッキングでの一番の敵は風です。タフまるは火が消えることのないよう風対策がしっかりなされており、風に強い作りになっています。

また、非常に頑丈なこともポイントです。アウトドアで使用することを想定し熱や重さに強い脚を採用しています。このおかげで耐荷重は20kgとなっており、食材をたっぷり入れたダッチオーブンでも乗せることができます。

行き届いたアクセサリー類

そして、オプションパーツも充実しています。専用のキャリングケースが付属されており、こちらのケースも衝撃に強い頑丈なつくりになっています。ケースに入れれば持ち運びや縦置きもできるため、すっきり収納することができます。

さらに、別売りで焼肉プレート、鉄板焼きプレート、たこ焼きプレートなど6種類のプレートがあります。これらを使用することで、コンロと鍋だけではできない焼き肉・焼きそばやお好み焼き・たこ焼きなども作れ、料理の幅も広がります。

イワタニのタフまるのタフな性能|風に強い!

タフまるはアウトドアの環境を考慮した風に強い設計がなされています。天気が良くても、風が強くてしょっちゅう火が消えてイライラした経験はありませんか?しかし、タフまるを使用するとそのイライラも解消されるのです。

風に強い秘密:特許取得の「ダブル風防ユニット」

出典:岩谷産業

タフまるには風から火を守るために外側と内側の2段階の風防があります。外側風防は五徳の周りにある四角い部分で、内側風防は五徳の下にある丸い部分です。これらの特殊な構造により、どんな鍋やプレートを乗せても風は通さず、しかし燃焼に必要な空気は通すようになっています。

そのため、一般的なコンロによくある風よけを立てる必要がありません。風よけはどうしても調理する人が立つ側を開けなければいけないため、風向きが変わると火が消えてしまったりあおられてしまったりすることがありますが、タフまるでは360度ガードしているので風向きによる影響もありません。

風に強い秘密:多孔式バーナー

出典:岩谷産業

タフまるでは風対策のため多孔式バーナーを採用しています。従来よくある外炎式のコンロは、花びらのように広がって火が出て、ひとつひとつの火が大きいため風の影響を受けやすいのが欠点です。

しかしタフまるで採用されている多孔式はたくさんの穴から小さく低い炎が出るのが特徴で、風の影響を受けにくく火力を維持することができます。

イワタニのタフまるのタフな性能|頑丈でハイパワー!

タフまるのふたつめの特徴は、ボディが頑丈で、しかもハイパワーなことです。アウトドアでの使用を想定し、多少ハードに取り扱っても問題ないよう設計されており、かつ火力も十分に得られるようになっています。

頑丈でハイパワーの秘密:アルミダイキャスト製スタンド

NEXT 頑丈でハイパワーの秘密:アルミダイキャスト製スタンド