プレコは水槽の掃除屋さん|種類や飼育の方法もご紹介

プレコの種類13選(大型)|セルフィンプレコ

出典:Amazon

Amazonで見る

主に南米ブラジル、南アメリカで生息する種類です。セル(帆)フィン(ヒレ)の名前がさす通り、背びれと尾びれがヨットの帆のように大きなことが特徴的です。アクアリストや愛好家への認知度も高くショップで目にすることの多い個体です。成長後は性格の荒さが目立つので、シェルターや水草で隠れ家を作りましょう。

価格と特徴

一匹当たり¥400~ほどで販売されています。(2018/12/26現在)飼い始めは数センチの幼魚でも1年、2年と年を重ねるごとにすくすくと成長し、個体によっては1m近くと大型になる類のプレコです。排泄の量が多い為濾過フィルターなどを使用して水槽の環境を清潔に維持するようにしましょう。

セルフィンプレコの魅力

セルフィンプレコを初めて見た人はヒョウのような特徴的な模様と、大きく豊かなヒレに目を引かれることでしょう。じっとしていることの多い魚ですが、水槽の中を移動する際には大きな体とヒレでダイナミックかつ優雅な泳ぎを見せてくれます。

プレコの種類13選(大型)|ロイヤルプレコ

出典:楽天市場

オレンジロイヤルやハーフスポットロイヤル、ゴールデンプラチナロイヤル等々、ロイヤルプレコには様々な種類が存在します。見た目の色によって主な原産地は少しずつ変わってくるものの、コロンビアやブラジルで確認されることの多いプレコです。「ロイヤルプレコ」というくくりのなかでも、色や模様によっては全く別の種類の魚のような見た目に驚かされます。

価格と特徴

一匹当たり¥9,120~ほどで販売されています。(2018/12/27現在)原産国や、柄によっては数万円で取引されることもあり、値段にばらつきが見られます。購入当時は数センチでも、数年で60㎝ほどまでゆるやかに成長します。

流木を好んでかじる傾向が強いため、水槽に流木を多めに配置すると気に入った流木の上でじっとしている姿を見ることができます。

ロイヤルプレコの魅力

色々な種類の身体の縞模様があるロイヤルプレコは、コレクション性も高く人気の個体です。同じ種類でも原産国が違うことによって、まったく別の魚に見えるという楽しみのある魚です。またググっと前方に伸びた面長な愛嬌のある顔立ちや、顔の横の髭のような棘がチャームポイントで独特な魅力があります。

プレコの種類13選(大型)|スカーレットトリムプレコ

トカチンス河原産のプレコです。特にツクルイ地区で見られる種類は鮮やかな色合いであることが有名です。なかでも特に人気のある個体は「ウルトラスカーレットトリムプレコ」通称ウルスカと呼ばれ、トリム系と呼ばれる中でも一線を画す人気ぶりです。

価格と特徴

一匹当たりの値段の相場は¥20,000~となります。(2018/12/27現在)しかし色が鮮やかなウルスカなどは値段が高めになることが多く、中には¥100,000以上の値段がつく個体もいるほどです。成長しても体長は30㎝~50㎝ほどです。大きさが控えめな分飼育のしやすい個体といえるでしょう。

NEXT スカーレットトリムプレコの魅力