日本最古のルアー弓角の特徴&使い方

番外編:メタルジグで釣れない場合は弓角の出番

メタルジグを使用していて、どうしても釣れないという時があります。その場合、弓角に変えて投げて巻いてみると、今まで反応がなかったのが嘘のように釣れてしまうことがあります。弓角が回転するその動きに反応するのです。なかなか釣れないというときは、弓角を試してみるのも一つの手です。

弓角の種類

ストレートタイプ

弓角は水中で回転してターゲットの興味を誘います。弓角が曲がっているほど回転も大きくなるのですが、まっすぐなストレートタイプの弓角はその回転が小さいのが特徴です。海面での早巻きをする場合には、このストレートの弓角が動きすぎずにターゲットをうまく誘うことができます。

曲がったタイプ

ストレートタイプとは反対に曲がった形状の弓角は回転が大きくなるということになります。弓角は速巻きが基本ですが、なかなか速く巻けないという人にとっては、この曲がったタイプの弓角の大きめな動きが強い味方になってくれます。

テールのない弓角

既製品ではテールがついた弓角を多く見かけますが、本来弓角はテールが無くても釣れます。テールのあるなしは状況によって使い分け、テールつきでうまく誘えないなら、テールなしで誘ってみるとうまくいく場合もあります。テールは必須ではないので、両方準備しておくことで、どちらにも対応できるようになります。

弓角の使い方

まずは何をおいても遠投

弓角では、まずは何をおいても遠投が必須になります。そのため、遠くに投げるための「トレーラー」と呼ばれる重りをつけます。「トレーラー」を使用すると、100mほどの飛距離が出るため、遠くにいる魚を狙うことができるようになります。

リールの速巻き

弓角は糸を引くと回転しながら動くようになっていますので、リールの速巻きは必須です。一気に動かし、逃げる魚を偽装することになります。非常にハードな動きになりますが、獲物を誘惑するためにも全力で巻き上げましょう。

掛かったらパワーファイト!

獲物がかかってもそこで気を抜かずに一気に巻き上げることになります。弓角の針はサイズも小さく、引き寄せるテンションが抜けるとすぐにばれてしまいます。興味を途切れさせないためにも、速い誘いを維持する必要があります。少し強引なくらいのファイトでいきましょう。

弓角で釣れる魚

NEXT ターゲットは青物がメイン