ショアジギングロッド上級者モデルおすすめランキング20!選び方もご紹介!

目次

シマノ「コルトスナイパー」のスペック

出典:Amazon

ロッドのスペックです。【長さ】10feet(3.05m)。【仕舞寸法】157.0cm。【ジグウェイト】MAX80g。【自重】297g。【適合PEライン】MAX3号。【価格】2018年12月29日の時点では¥24,119です。

ショアジギングロッドの上級者モデルおすすめランキング20|2位

重いジグを使用するときには、そのジグのキャストに耐えられるロッドが必要になります。もし、キャストウェイトを優先的に考えているロッドを探している人は、こちらのロッドをおすすめします。

アブガルシア「オーシャンフィールド」

このロッドはジギングを専用として開発されたロッドになります。上級者でも納得できるほどのスペックを持っており、MAXで200gという重いジグも取り扱うことができます。カーボンテープで補強が施されており、大きい魚でもファイトすることができます。

アブガルシア「オーシャンフィールド」の魅力

MAX200gという重いジグも幅広く使うことができます。カーボンテープでの補強により、大きい魚がかかったときでも、安心してファイトすることができるので、不安など感じることなくショアジギングを楽しむことができます。

アブガルシア「オーシャンフィールド」のスペック

出典:Amazon

ロッドのスペックです。【長さ】6.3feet(1.91m)。【仕舞寸法】190.5cm。【ジグウェイト】MAX200g。【自重】135g。【適合PEライン】MAX2号。【価格】2018年12月29日の時点では¥10,488です。

ショアジギングロッドの上級者モデルおすすめランキング20|3位

本格的に取り組んでいる上級者に最適。細身、軽量、強さの3つの性能を備えており、ショアゲームを完全に支配したい人のために作られたロッドといっていいでしょう。そんなロッドを求めている人はこちらです。

ダイワ「ショアスパルタン」

大きなジグをキャスティングするには、どうしてもロッドにかかる負荷が大きくなります。重いジグをしっかりとキャスティングできる強さを備え、力強いファイトに持ち込まれても大丈夫なように、ホールド性を優先して太いグリップで開発されています。

NEXT ダイワ「ショアスパルタン」の魅力