焚き火フライパンは自作に限る?!手入れ方法やおしゃれ料理も

焚き火用のフライパンがとても人気のようです。手入れ方法とおすすめの蓋と一緒に、勧めたいフライパンのモデルを紹介します。スキレットやダッチオーブンを使っている人も欲しいと思うのは、鉄ならではの魅力が詰まっています。焚き火フライパンの魅力を発見してください。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

焚き火フライパンのおすすめ3選!

早速ご紹介していくのは、おすすめする焚き火用フライパンのモデル3選です。3つとも魅力的で焚き火で調理を使用とするのであればピッタリの機能を備えているものですので、焚き火用のフライパンというジャンルをご存じなかった方はまずこの3つから選んでみることをおすすめします。

「ブッシュクラフト」焚き火フライパン

まず1点目にご紹介するのはブッシュクラフト製の「焚き火フライパン」です。製品名通り焚き火の火を熱源としてキャンプなどで料理をする時に活用できるモデルで、サイズが直径225mm、深さ18㎜で重量は505g、価格はAmazonで4536円となっており、専用の収納ケースとヒートンねじが付属しています。

「ターク」クラシックフライパン

2点目はタークの「クラシックフライパン」になります。鉄の塊を1枚のフライパンにした非常に頑丈なモデルで、直径が20センチの2号、22センチの3号、24センチの4号に26センチの6号とサイズ展開は豊富になっており、22センチの3号はサイズが22.0×11.5×41.0cm、重量が1.2キロとなっています。

「遠藤商事」厚板フライパン

3点目は遠藤商事より「厚板フライパン」です。18センチから40センチまで11ものサイズ展開がされており、22センチのものを例にご紹介するとサイズは内径222×深さ45mm、重さは900グラムで、素材の黒皮鉄板は何度も使用するほど油を馴染ませて使いやすくなっていくという特徴を持っています。

焚き火フライパンおすすめ3選の使い勝手を口コミからみる!

おすすめの3つのモデルについてスペックなどをご紹介しましたが、まだ使用されたことのない方にとってはサイズなどを見ても魅力がいまいちわからないところ。ですので選ぶ際に結構重要な基準となる実際に使っている方からの口コミ評価はどんなものなのかを見ていきましょう。

ブッシュクラフトのフライパンについて

まず1点目にご紹介したブッシュクラフトの「焚き火フライパン」は、スキレットを持っていかなくとも焚き火で料理ができて、取っ手は自分で木材などを調達して使うことになりますが市販の薪でもカットして作れるので問題なし。重さに関しても505グラムという重量は軽くて持ち運びやすいようです。

タークのフライパンについて

続いて2点目のタークの「クラシックフライパン」は、熱の伝導効率が良く火を切ったとしても保温性が高いため食材をじっくりと焼き上げることを可能としており、更にご紹介しました通り純粋な鉄製のフライパンであるために頑丈さがひときわ光っているようです。取っ手との継ぎ目もなく完全に1枚の鉄から作られています。

遠藤商事のフライパンについて

NEXT 遠藤商事のフライパンについて