アカムツ釣りの仕掛けをご紹介!初心者におすすめの仕掛けも!

全体的に赤みを帯びていて大きい黒目が特徴の「アカムツ」という魚をご存知でしょうか。アカムツは別名「のどぐろ」と呼ばれることもあり、たくさんの人を魅了している魚です。今回はそんなアカムツの紹介からおすすめの仕掛けまで紹介していこうと思います。

この記事をかいた人

小さい頃から自然の溢れるところで生活しているので、アウトドア大好きです。小さい頃から両親と一緒に釣りはもちろんキャンプも行っていました。

アカムツ釣りがアツい!

今アカムツは釣り好きの皆さんの間で人気が高い魚の1つです。その美味しさから多くのメディアも取り上げ、話題になっています。アカムツはスズキ科に分類される魚で、成魚になると全長40㎝になります。見た目は楕円形をしていて背側は赤色、腹側は銀白色の美しい魚です。

アカムツはとてもおいしい魚

アカムツを食べたことのある方はご存知でしょうが、とても美味しい魚です。そして、刺身や焼き魚などどのような食べ方でもその美味しさを感じることができるのがアカムツのすごいところです。年間を通しておいしい魚と言われ魚好きの人にとても愛されています。

アカムツはのどぐろとも呼ばれる

最初に軽くお伝えしましたが、アカムツは日本海側では口の中が黒いことから「のどくろ」と呼ばれることが多いです。東京でものどくろと呼ぶ方が多いのでメディアで取り上げる時ものどくろが多いです。しかし、正式名称はアカムツです。

アカムツは白身のトロとも呼ばれている

アカムツは高級魚として有名で「白身のトロ」と言われるほど脂がのっている魚です。アカムツの「ムツ」とは脂っこい魚を意味し、年間を通して美味しい理由はこれです。見た目は赤く、脂がのっていて美味しい魚だからアカムツと呼ばれています。

アカムツ釣りは難しい?

釣り好きの皆さんの間では、アカムツ釣りは他の種類の魚よりも難しいという意見があります。たしかに、アカムツ釣りは難しいですが、コツをつかめば一気に釣果があがります。まずはアカムツ釣りについて理解しましょう。

アカムツは警戒心が強い魚ということを理解する

まずアカムツ釣りをする前にアカムツは警戒心が強い魚だということを理解しましょう。これから仕掛けの種類やおすすめのタックルを紹介していきますが、闇雲に釣りをしていては釣果は期待できません。警戒心が強いということを理解するだけでも釣果は変わってきます。

闇雲に釣りをしない

アカムツ釣りでよくかかるのがサバです。本命のアカムツが釣れずサバだけが釣れるという方も多いです。そこでサバを釣らずアカムツを釣るために竿先をできるだけ垂直に真下に向けて投げ込むことがポイントです。

アカムツ釣りをしよう!

NEXT アカムツ釣りをしよう!