メタルマルの評価は?万能ルアーの釣果や使い方をまとめて紹介

この記事をかいた人

メタルマルとは何か?

メタルマルとは?

メタルマルとは、簡単に説明するとブリーデンと言うメーカーの小魚を模したルアーです。しかし、そこへんのルアーとは、少し違いコアな釣り人からの人気があり、店頭に並んでもすぐになくなってしまい、入手困難なルアーと言っても過言ではありません。なぜそんなに人気なのかと思うのですが、超万能型のルアーで投げると何か釣れると言えるほど、様々な魚が釣れることから、これほどの人気が出たと言われております。2018年現在では、インターネットが盛んになり通販サイトでかなり買えるようになっているので、持っている方も増え流通してきています。ぜひ持っていない方や初心者の方でもぜひ買ってみて、メタルマルの実力をためしてみてみましょう。

メタルマルの魅力

魚限定解除

メタルマルは、キャチフレーズで「魚限定解除」と言うフレーズがあります。魚限定解除とは、普通の一般的な小魚に模したルアーですと、フィッシュイーター(ヒラメ、カンパチ、カツオなど)と言われる魚のみ狙えるルアーが基本でした。しかしメタルマルは、小魚を模したルアーにも関わらず、非フィッシュイーター(マハゼ、アイナメ、アイゴなど)と言う魚達も狙える、普通では考えられない魅力的なルアーです。

多彩なアクション

メタルマルは、普通のルアーより、ブリーデンの独自の技術により、バイブレーションやテールのブレードが回転する多彩なアクションが魅力で、遠くの魚にアピールして魚の食いつきを良くするよう作成されています。同じところで釣っていても成果が劇的に変わると言われています。

抜群な遠投性能

抜群な遠投性能、PEラインの0,4号の仕掛けを付けて無風の平地で100mの遠投を計測されています。メタルジグは自重があり絶妙なバランス構造の為、飛距離が伸びていると言われています。遠くに遠投できることでさらに釣れる魚の幅が広がっていると言われています。

テールブレードの魅力

メタルマルのテールブレードは、小魚をしてマイクロベイト攻略の時に力を発揮します。ブレードとフックのセッティングも絶妙で、ブレードバイトで確実にフッキング出来るような絶妙なセッティングがされています。

メタルマルの弱点

耐久力が弱い

非常に万能でどのタイミングでも使える優秀なメタルマルにも、何個か弱点があります。一つ目、メタルマルの塗装がとれやすくコンクリートやテトラポットに当ててしまったり、普通に使っていても塗装が取れてきてしまいます。二つ目、大物も釣れるためフックが耐えられないことがあります。メタルマルは、幅広い魚を集魚してくれるためダブルフックなどでは、耐えられない魚も時にヒットしてフックが曲がってしまったりしてしまいます。メタルマルは非常に性能が良いですがメンテナンスや投げる前のチェックをしっかりしてあげないとメタルマルの性能を十分に発揮できなくなってしますので、注意しましょう。

メタルマルの弱点対策

NEXT メタルマルの弱点対策