ナブラを狙うポイントはここだ!ナブラで釣るための大切なこと

この記事をかいた人

ナブラとは?

ナブラとは?

ナプラとは、大きな魚が小魚を追いかけて小魚が水面に逃げてきて、水面に飛び出てパシャパシャする様子をナブラと言われています。なぜナブラと言われているのか、ナブラの由来は、漁師の方が元々使用していた言葉で、魚たちが集まっていると言う意味の魚群(なむら)がナブラの由来になっています。ナブラが発生しているときは、フィッシュイーターが活発的なことを表しています。似ている言葉でフィッシュイーターが小魚を食べる事を、ボイルと言う言葉があるので使うときは注意しましょう。

ナブラとボイル違い

ナブラとボイルの違いとは?

ボイルとは、水面でフィッシュイーターが小魚を捕食していることを言います。ナブラとボイルは、少し似ている言葉ですが、釣り人達はその言葉を使い分けています。ボイルの由来は、フィッシュイーターが小魚を食べる際の音でボシュって音が聞こえることからボイルと言われています。小魚がフィッシュイーターから逃げることをナブラと言い、フィッシュイーターが小魚を捕食してることをボイルと言いますので、使う際は注意しましょう。ナブラの言葉の使い方は、「ナブラが起きてるから下にフィッシュイーターがいるね」、「ナブラが起きてるからあそこに魚が集まってるね」などがよく使われることがあります。ボイルの言葉の使い方は、「あそこでボイルしているからボイル先にキャストしよう」「ボイルしている魚がいるね」などがよく使われています。釣りは専門用語がよく使われるので、間違った用語を使わないように注意しましょう。

ナブラ特徴

ナブラが発生すると何がいい?

ナブラが発生すると、魚を釣るチャンスです。ナブラの発生を発見したところは小魚が集まっており、フィッシュイターが活発的に行動していることがわかります。しかし投げる際は注意が必要で、適当に投げてしまってはダメで下手すると魚はいるが、釣れないってことも起きてしまいます。きちんとコツと知識を学めば大量に魚を釣ることが可能なので、ナブラを見つけたら、しっかりポイントを狙って大量獲得を目指してみてください。

ナブラ発生時の狙うポイント

ナブラの発生してるとこにはキャストしない。

ナブラが発生している際に、ナブラの発生したところにキャストすると周りの魚は警戒してしまいます。初心者の方などがよくやってしまうミスでもあるので注意しましょう。狙うポイントとしては、ナブラが発生していてボイルしている少し先にキャストすると魚が進んでくる方向なので、警戒されずに釣ることができます。もう一つのポイントは、ナブラの発生している少し先に投げ込みリトリーブ(リールを巻いてルアーを泳がせるテクニックです。)してナブラ発生ポイントに持ってくる方法です。ナブラ発生時は、どちらかの方法でポイントを狙ってみてください。

水深が浅い所を狙う

ナブラ発生時は、小魚が水面に来てるので、浅い水深のところを狙うのがポイントです。小魚が浅いところにいるため、深い水深にルアーを沈めていると全く釣れないことがあります。ナブラ発生時は、浅いところから徐々に深くしていきポイントを探りましょう。

ルアーサイズを合わせる

ナブラが起きていてポイントも狙えているのにヒットがこない時などは、ルアーのサイズが合ってない時があります。ナブラが発生時は、よく観察して狙われているベイトフィッシュに合わせたルアー選定をすることによって成果が非常によくなります。なかなか遠くてわからない時は、ルアーを変えて食いつきがいいルアーを探します。ナブラが発生していると少し焦ってしまいますが、落ち着いてルアーを合わせていきましょう。

ナブラ発生時のルアー

NEXT ナブラ発生時のルアー