エギングロッドのおすすめ21選|選び方や万能モデル・コスパの良いモデルなどをご紹介!

釣りをしても楽しいし、釣れたイカを食べてもおいしい最近流行りのエギング。流行りに乗ってエギングを始めてみたいが種類が多くてどんなロッドを選べばいいか難しいところです。そんな方のために、今回はエギングロッドの選び方とおすすめ21選をまとめました。

この記事をかいた人

祖父が漁師だったこともあり、釣りが大好きです。 最近は釣りのついでにキャンプや車中泊をいかに楽しめるか研究中です。

エギングロッドを選ぼう

エギングとはイカを狙う釣り方の一種

エギングとはイカを釣る方法の一つで、ルアーとなる餌木を使用して釣るの日本古来の釣法です。起源にもいろいろありますが、漁師が松明を持って船の上で作業していたところ、松明を海に落としてしまいそれにイカが食いついたことから始まったとされています。

エギングは釣って食べることができるのが魅力

なんといってもエギングの最大の魅力は、釣りも楽しんでそのあと食べられるところです。持って帰って食べるのが我慢できなければ釣ったその場で絞めて内臓を出して切ってお刺身で食べることもできます。

エギングロッドの選び方

エギングロッドは8フィート程度の長さを選ぼう

ロッドの長さは扱いやすい8ft程度のものを選びましょう。エギングはとにかくしゃくり続けて餌木を動かすのであまり長いロッドを使ってしまうと疲れてしまいます。とくに秋の子イカを釣る時期の場合、イカがたくさんいるので次々に釣れることが多々あります。休む暇もなく投げてしゃくっての繰り返しになります。

エギングロッドは必ずカーボン製など軽いものを!

ロッドの材質はカーボンを選びましょう。カーボンの利点は何といっても軽さです。ずっと振り続けているので重いロッドだと短時間で疲れてしまいます。です。また、カーボンロッドは感度も非常によく子イカを狙うのであれば小さな反応も感じ取りやすくなります。

シーバスと兼用できる万能モデル

エギングでよく使用されているエギの重さは3.5号前後ですが、シーバスロッドMLでは最大30前後対応でエギングロッドでもシーバス釣りによく使用されているルアーも十分投げられます。エギングから釣りを始められる人でも幅広い釣りを楽しむことができるロッドといえばエギングロッドです。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-S862E

メジャークラフト エギングロッド スピニング トリプルクロス エギングソリッドモデル TCX-S862E 釣り竿

Amazonで見る

  1. 全長:8.6ft
  2. 継数:2本
  3. エギサイズ:2.5号~3.5号
  4. PEライン:0.4号~1.2号

大型のアオリイカでもスタンダートクラスのシーバスでも十分対応できるロッドといえばこれ!とりあえず何かロッドを買ってエギングを始めてみようってひとにおすすめです。長さもどのフィールドでもスカイやすく軽いので動かし放題であり、エギングだけではなくロックフィッシュも狙えるロッドです。

ダイワ リバティクラブ エギング 862MH

NEXT ダイワ リバティクラブ エギング 862MH