サバフグとは?その種類や見分け方 食べ方をご紹介

ドクサバフグについて

最後はドクサバフグという種類について。この種は大変危険ですから、必ずその特徴をおさえておきましょう。ここでは、その生息域や外見の特徴といった情報はもちろん、ドクサバフグの毒に関する知識も記していきます。

ドクサバフグの生息域

サバフグに中には猛毒を持つドクサバフグという種があります。もともと日本近郊では揚がっておらず、東シナ海や南シナ海、インド洋や南アフリカ共和国において見つかっていた種でしたが、ここ最近では日本近郊でも生息が確認されており、一般の海釣りの方も注意が必要な魚となってきました。

ドクサバフグの外見の特徴

ドクサバフグは体の背と腹の両方に小さなとげがあることが特長です。この棘は背びれの付け根まで全体にわたっています。そして、一般に食用として用いられる白サバフグと外見が非常に似ています。そのため、この見分けには高度な専門的知識が必要です。

ドクサバフグの毒性

ドクサバフグの毒は猛毒で、食べれば食中毒を引き起こし、最悪の場合は死に至るものです。毒は卵巣や腸、肝臓といった臓器の部分のみでなく、皮膚や筋肉にも毒が含まれています。よって、素人調理は危険として、注意勧告が多行われています。一応、食性はありますが、調理には免許が必要です。

サバフグとドクサバフグの見分け方

以上の記述から、皆さんにもドクサバフグの危険性と、シロサバフグと酷似しているといったことがお分かりいただけたと思います。それでは、これらを見分ける方法はあるのでしょうか。ここではその、見分けについて話をしていきます。

クロサバフグとドクサバフグの見分け方

まずは、クロサバフグとドクサバフグとの見分け方です。こちらはかなり単純で、外見からその判断が出来ます。尾ひれまで黒く染まっているかどうかで判断が可能です。加えて、ドクサバフグには背と腹に棘があるので、これも大きなポイントになります。また、クロサバフグは沖合い性なので浅瀬にいないというのも大きなヒントになります。浅瀬でとれた場合は、まずクロサバフグの可能性は低いといえます。

シロサバフグとドクサバフグの見分け方

次にシロサバフグとドクサバフグとの見分け方ですが、これはかなり判断が難しいです。というのも、どちらも外見上に大きな差がなく、背と腹に共に棘があります。一応、見分け方を述べるならば、前述の棘がヒントになります。毒サバフグの棘は背鰭まで到達しているのに対し、シロサバフグの棘は背鰭まで到達していません。ここが唯一の手がかりとなります。

見分ける上での注意

先ほどまで挙げた注意事項はあくまで参考程度のものです。現に、シロサバフグとドクサバフグは見分けが大変難しいということから注意勧告がなされています。釣り上げ、持ち帰る際には慎重に、上記の特徴と照らし合わせることを強くおすすめします。重ねて、上記の内容はあくまでも参考程度のものです。事故に対する責任は取れませんので、その点はご了承下さい。

NEXT 季節ごとのサバフグ