投げ竿のおすすめ15選!選び方のポイントからシマノやダイワの竿もご紹介!

投げ竿は海で魚釣りの仕掛けを遠くまで飛ばすための使用される専門の竿です。この釣りには他の釣りにはない面白みが沢山詰まっています。この釣りを楽しむには竿選びがとても重要なファクター。そこでこの記事ではシマノやダイワを中心にお勧めの投げ竿を紹介します。

この記事をかいた人

釣りクアンプを愛するアウトドア系の男です。仕事はパソコンに向かう時間ばかり・・・だから取材を兼ねた週末は「楽しいことを探してワクワク」しています。

目次

投げ竿とは

海釣りで使われる竿は万能竿から決まったターゲットを狙う為の専用の竿まで個性豊かに多種多様な竿が用意されています。その中で投げ竿は特に仕掛けを遠くの沖合まで飛ばす!これに特化した専用の用途を持った竿になります。

投げ竿とは仕掛けを遠くに投げる釣りで使用する竿のこと

魚によっては、陸や堤防のすぐ近くまで寄ってきます。そんな魚には投げ竿は必要ありません。ただし、なかなか近づいてこない魚もいるのです。沖にいる魚を陸から釣る。そのために投げ竿は開発されました。どうしたら遠くまで飛ばせるか?それがこの竿の命題でした。

投げ釣りは様々な種類の魚が釣れるのが魅力

ターゲットになる魚は沢山います。本当に色々な魚が釣れます。小物の魚には、天ぷらが美味しいハゼやキス。煮つけや刺身も旨いロツクフィシュと呼ばれる根魚達。重量級のゲストにスズキやカレイが釣れてくることもあります。シーズンになれば、堤防から魚の王様、真紅の魚体が美しい真鯛だって釣ること事が出来ます。

投げ釣りの種類は大きく分けて2つ

投げ釣りの種類は大きく分けると2種類あります。それは、近いところに軽く投げるちょい投げと、本格的に遠投をする釣りの2種類です。それぞれに使う道具も違えばターゲットになる魚も違います。楽しみはそれぞにあり、どちらを選択するかはあなた次第。全くの初心者ならお手軽に始められるちょい投げで腕試しがおすすめです。

ちょい投げはこんな釣り

ちょい投げは、波止や堤防ですぐ近くにいる魚をターゲットにします。キスやハゼが人気のターゲットです。道具も簡単でリーズナブルなものが多く、これから釣りを始めるという方にはおすすめです。家族連れや小さなお子様と一緒なら色々な魚が釣れてとても楽しい釣りになります。

本格的な投げ釣りとは

本格的な投げ釣りは、専門の竿を使って思い切りキャストします。リールのサイズも4000番以上の大型を使い専門のラインを使います。ベテランになると100m以上キャストすることも珍しくありません。道具の値段も高価なものが多く、これから本格的に始めたい方におすすめします。

投げ竿の選び方

それでは実際に購入する時に、どんな点を注意して購入すればいいのか説明します。と、その前に先ずは自分がどんな釣りをしたいのか想像して下さい。ちょい投げか本格的な釣りかという事です。この分岐点で購入する道具は大きく変わってきます。それぞれがどんな釣りなのか少し想像してみましょう。

堤防や海釣り公園で気軽に楽しみたい方はちょい投げ釣り

NEXT 堤防や海釣り公園で気軽に楽しみたい方はちょい投げ釣り