イサキを刺身で食べてみよう!さばき方やアレンジレシピも!

イサキは淡白な白身の魚です。釣りが好きな人には引きがよく、釣りの達成感も感じられる魚であり、麦わらイサキとか梅雨イサキと呼ばれて旬は初夏です、いろんな料理法があり、とてもおいしく食べられる魚です。いろいろな料理を紹介しますので是非作ってみてください。

この記事をかいた人

イサキについて知ろう

皆さん、イサキをご存知ですか?イサキについてどんな魚と同じ仲間なのかとか、体の大きさや、色や触感や、海の中でも世界のどのあたりを回遊して来ているのかとか、旬はいつか、美味しい食べ方は何かなどを紹介していきます。

イサキはスズキの仲間

イサキとはスズキ目イサキ科の魚で、成魚は45㎝から50㎝程になり、体型は前後に細長く、体の表面は細かい鱗が密集していて、ザラザラしています。成魚はオリーブがかった褐色ですが、幼魚は体の上半分に縦縞が3本あり、成長すると縞は消えますが、春夏になると成魚でも縞が現れます。

イサキは東北より南の地域に生息している

生息域は東北より南の地域の日本沿岸や黄海、東シナ海、南シナ海に生息しています。海藻が多い岩礁域に生息し、群れを作ります。昼間は深い海、夜は海面近くに上がってきて、小魚や甲殻類や多毛類の小動物をたべます。大きさは10㎝から大きい物は50㎝くらいの物になることもあります。

イサキは食用として人気

イサキは食用として人気で、癖がなく、初夏や秋口くらいまでは脂がのっていて、刺身・塩焼き・あら汁・唐揚げなどいろんな料理法で美味しく食べられる鯛のような白身の魚です。旬になると釣りをする人が多いです。

イサキは刺身が美味しい?味はどんな感じ?

イサキってどんな魚か知っている人も少ないかもしれません。初夏の旬の魚として、刺身や塩焼きにしても、とてもおいしい魚です。特に刺身はいろんな料理法があって、いろんな味が楽しめとてもおいしいです。

イサキの味は脂がのっていておいしい

イサキは鯛のように白身の魚で、身の色や魚肉の感じもとても良く似ています。旬の時期には脂がのっていてとてもおいしい魚です。夏に食べるイサキは鯛よりおいしいと言われ、特に刺身はおすすめです。

イサキは魚臭さが少なく美味

イサキは他の白身魚に比べると、特に魚臭さも少ない魚です。味は淡白であっさりとしていて女性にも食べやすいです。塩焼きで食べると、皮が非常に香ばしく、臭みもより以上に消されるようです。

イサキを刺身で食べてみよう!捌き方をご紹介

NEXT イサキを刺身で食べてみよう!捌き方をご紹介