幻の深海魚メガマウスとはどんなサメ?気になる生態&地震との関係をご紹介

メガマウスは読んで字のごとく、大きな口を持ったサメです。深海に生息しているメガマウスはまだまだ謎が多い魚で、地震と関係があるといわれることもあります。この記事ではそんなメガマウスの生態や地震との関係性を紹介します。

この記事をかいた人

メガマウスとは

この深海魚は、大きさが非常に大きく、大きな口を持ち原始的な形をしています。どんな性質か?、生きている場所は?、食べ物は?、行動範囲は?、いろんな面からサーチして見ました。以下に紹介します。

メガマウスは大きな口を持ったサメ

メガマウスは、数々の水族館で見られるように、口も非常に大きく、餌が小さな生き物としているので、ゴジラのようにはるかな大きな口を開いて、大量に吸い込み、効率よく餌を大量に飲み込めるようになっています。

メガマウスは珍しい魚

メガマウスは、深海魚の中でも特に、唇が白銀色でぼんやり発光させてプランクトンを集めているようで、古代サメの中でも発見率も少なく、最近、珍しい魚として登録された新参者の魚です。ほかのサメとは数多くの違った形態があります。

メガマウスは1976年に見つかった

メガマウスはこの年、ハワイで始めて発見されました。アメリカの調査船がハワイ沖で、錨に引っかかっていたオスを引き上げました。変わったサメであったので、調べたら新種のサメであることが解ったのです。以降数は少ないのですが頻繁に見られるようになりました。

メガマウスの生態

メガマウスの生態は、ほとんど知られていない事ばかりですが、他のサメのような食事法や、体の形などは違っているところが多く、この体どう使っているのかなと思うサメの体をしています。どこがどう違っているのか、詳しく紹介をしていきます。

メガマウスは深海魚

メガマウスは水深熱帯域の水深100~200mの深海に生息していて、夜になると水深10mほどの浅い海面まで上がってきます。身体の腹部が白くなっていて、深海魚はこういった体色が独特となっています。

メガマウスは夜行性

メガマウスは夜行性で、口の中が光が当たると銀色に輝き、小魚やプランクトンをおびき寄せ、夜中に回遊して、昼間暗い水深200~300mの深海にいて、夜浮き上がってきて餌を捕食するのではないかと言われています。

メガマウスの大きさ

NEXT メガマウスの大きさ