鯛カブラとは?使い方のコツやおすすめタックルをご紹介

特性を理解しよう!

鯛カブラの重要なポイントを3つご紹介!①ヘッドの形状②素材とカラー③餌の付け方です。ポイントを押さえて自分なりの楽しみ方やコツを覚えましょう!

①ヘッドの形状

ヘッドは全体の動きに関わってくる部分です。形状にはタングステン製の丸型や扁平型が多くあります。形状の効果としてはヘッドが振動と微動を繰り返して鯛にアピールする効果と水の抵抗の受け方が少なければ速いフォールができます。鯛の活性が低いときは抵抗が少ない丸型を試してみることをおススメ。また、丸型の形状は流されにくいので天候や状況が悪いときでも使いやすく初心者にもおススメと言えます。

②素材

素材はタングステン製と鉛製があります。タングステン製のヘッドはフォール速度が速く、潮の流れが速いときや波が高いときに効果を発揮します。タングステン製は少し高価なので一つか二つを持ち、その他では鉛製のヘッドで十分なので使い分けるようにしましょう。

③餌の付け方

ここでは動画にて餌の付け方のご紹介です。鯛カブラは餌を付けて使用します。餌を自然体に付けれるかで釣果が左右されます。餌のエビをまっすぐ自然体の形にすることと胴体がはずれないようにすることがポイントになります。まず孫針からセットしてまっすぐを意識しながら胴体に針を通しましょう。しっかり固定されていればまっすぐの形になります。最後に親針ですが、しっぽの方から刺してまっすぐになっていれば水中でも自然体の動きになります。初心者の方は、出来なければ船釣りのときに手伝ってもらえるのでやってもらうと良いでしょう。

鯛カブラおすすめタックル厳選① ロッド編

まずはこのロッドから

出典:Amazon

おすすめタックル厳選のロッドです。ダイワ タイラバロッド紅牙X69XHBです。価格は10,313円(2018/9/29現在)で安価です。紅牙X69XHBはパワフルなモデル。柔らかいロッドで感度も良く最高の仕上がりになっています。スペックを見ると、ベテラン向けと思ってしまいますが、使いやすさから初心者の方からの支持も多いです。価格も安くなっているので、初心者の方は思い切ってこのロッドから始めてみてはいかがでしょうか?

鯛カブラおすすめタックル厳選② リール編

紅牙Xの相棒はこのリールで決まり!

出典:Amazon

おすすめタックル厳選のリールです。ダイワ タイラバベイトリールICカウンター付き紅牙ICS103です。価格は20,412円(2018/9/29現在)です。マダイ専用の両軸リールです。カウンター付きなので、ボトムに着いてから巻き上げる楽しさを感じさせてくれる魅力を持っています。紅牙X69XHBの相棒はこれで決まり!

鯛カブラおすすめタックル厳選③ ライン編

PEラインはこれで安心!

出典:Amazon

おすすめタックル厳選のラインです。ダイワ PEラインUVF紅牙センサー8ブレイド+si200mです。価格は2,472円(2018/9/29現在)です。PEラインのスタンダードは太さ1号です。また、マルチカラーで長さ200mなのでスタンダードの基準を満たしています。棚がわかりやすく、初心者をはじめ幅広く使われているラインです。

鯛カブラおすすめタックル厳選④ カブラ編

NEXT 安定感ばっちり!