おすすめベイト用パックロッド30選|ベイトフィネスやソルトゲームに向いたロッドをご紹介

ライトゲームロッドに関する記事はこちら

パックロッドの使い方

選び方と合わせてそれぞれの特徴を紹介しましたが、両者の使い方にも触れていきましょう。継ぎ合わせの使い方は簡単でつなぎ目の目印に従ってつなぎ合わせるだけです。近年のモデルでは、つなぎ合わせの精度なども向上しているので、非常に簡単に組み立てることができます。

振り出しタイプは、ロッドを伸ばしてガイドにラインを通します。この際につなぎ合わせの様に目印などを気にする必要はありません。しかし、収納時には、先端を保護する必要が出てきます。先端の強度に心配があるためです。可能であれば先端保護のプラスチックカバーをはめたほうが安心感があるようです。

おすすめベイト用パックロッド30選|ダイワのパックロッド

ここからは、おすすめのアイテムを具体的に紹介していきましょう。種類も豊富の中からベストなものを見つけるためにどういったものがあるのかを紹介していきます。まずは、釣りといえば見逃せない有名メーカーであるダイワの製品からです。

モバイルパック 665TMB

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト モバイルパック 665TMB バス釣り 釣り竿

Amazonで見る

ダイワ製で一つ目に紹介するロッドが、こちらのモバイルパックシリーズのアイテムです。ブラックバス専用のロッドで振り出しタイプのものになります。ルアーやテクニックに対応う可能となっており、まさにブラックバス釣りに適した性能を持っている製品です。

ルアー着地点の把握など精度を求める方には非常におすすめの一本になるでしょう。また、アジングやメバリングにも活躍する逸品と評価が高いのも注目のポイントです。全長は1.98メートル、収納時には50㎝程で97グラムという軽量で扱いやすい仕様です。女性の初心者の方にもおすすめの声もおおいです。

モバイルパック 705TMHB

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト モバイルパック 705TMHB バス釣り 釣り竿

Amazonで見る

二つ目に紹介するのが、ベイトリールに対応のこちらのモデルです。バス釣りの中でも特にパワーが必要なシーンで重宝する仕様となっています。長さは1.98メートル、収納時時寸法は50センチで重さは110グラムと先述したモデルよりも重いのが特徴です。

バスといってもかなり大物のものでも難なく対応することが、力強いひきと魚との駆け引きを精度よく楽しめるロッドして人気のアイテムのようです。このモデルであれば、継ぎ合わせタイプと比較しても申し分ない感度を実現してくれるとの呼び声も高いようです。

B.B.B. 636TMLRB

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト B.B.B. 636TMLRB バス釣り 釣り竿

Amazonで見る

3つ目に紹介するのがダイワトリプルビーシリーズの製品です。こちらも人気のシリーズで全5種のベイトモデルがあります。とくにこのアイテムは振り出しタイプですが、高い操作性を実現しておりコントロール重視の方におすすめの一本といわれています。

軽いルアーや軽いリグを使用する方が良いと思われがちなロッドですが、重量やラインの適合範囲に制限があまりなく、色々な釣りを楽しみたい方にも扱いやすいと評判のようです。長さは1.91メートルで収納時寸法は41㎝と短いですが、重さは120グラムといった仕様となっています。

B.B.B. 666TMLRB

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト B.B.B. 666TMLRB バス釣り 釣り竿

Amazonで見る

ダイワのトリプルビーモデルで別のものも紹介しましょう。それがこちらのロッドです。中型から小型のルアー使用に適したタイプで、色々な種類のルアーに幅広く対応可能な一本となっています。トップウォータープラグやライトテキサス、巻物系など対応の幅は非常に広いようです。

元ガイドはKガイドの使用となっており、全長は1.98メートルと若干他の製品よりも長めで、収納時には43㎝、重さは125グラムとなっています。それでもコンパクト性能は変わらず大変便利と評価も高いアイテムです。

NEXT B.B.B. 6106TMFB