まるでUMA!ダマスカスヤギってどんな生き物?気になる生態まとめ!

不思議な魅力たっぷりのダマスカスヤギ

ヒトは、わからない物事や、奇妙に感じる出来事に強い興味を感じる生き物です。そんな知への欲求とも呼ぶべき、好奇心旺盛な気持ちを否応無く昂ぶらせてくれるダマスカスヤギの魅力は尽きません。

どうして、そんな姿をしているのか。そこに理由はあるのか。技術の発達によって、世界は少しずつその表情を変え始めているとは言え、ダマスカスヤギのように驚きを与えてくれる生き物が、まだまだ隠れているのでしょう。

新たな発見を求めて、オープンフィールドに向かって歩き出すのも良いかもしれません。そこで見つけた発見や、驚きが、次の世代へと受け継がれ、新たな好奇心を育む糧となって行くに違いありません。

古代から姿の変わらない生き物も住んでいる

時に、生きている化石と呼ばれる生き物がいます。例えば、動物園で見られるレッサーパンダ(Ailurus fulgens)や、カモノハシ(Ornithorhynchus anatinus)の他、シーラカンス(Coelacanthiformes)や、カブトガニ(Tachypleus tridentatus)も、その一つ。

進化の系譜から忘れられてしまったかのように、昔から変わらぬ姿を留めていると言われる一方で、刻々と変化する環境に負けることなく生き続ける彼らの姿には、私たちが目指さなければならない自然との共生の意味が問われている思いがします。

タテゴトアザラシの赤ちゃんに関する記事はこちら