ウッドストーブおすすめ20選!魅力や仕組み、自作方法もご紹介

ウッドストーブはアウトドア用のコンパクトストーブですが、実はエコ・防災グッズとしても注目を浴びているのをご存知ですか?その秘密は、高い燃焼効率を実現する構造にあります。今回の記事ではウッドストーブの気になる構造からおすすめアイテム、自作方法まで徹底紹介します!

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

ウッドストーブの魅力は?

アウトドアシーンでお世話になる熱源というと、ガスや灯油、ガソリン、アルコールを使ったギアが思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、「せっかくアウトドアを楽しむのならば天然の燃料を使って楽しみたい!」というキャンパーの思いにこたえるのがウッドストーブです。

燃焼効率の高さ

たき火をしているときに、煙が目に入ってしみるという経験をされたことがある人は多いのではないでしょうか。実は、煙が目にしみるのは、燃料の不完全燃焼によって生まれた未燃焼の可燃物質やガスが影響しています。ウッドストーブの多くは、後述する特殊な構造によってこうした不完全燃焼を防ぎ、効率的に燃焼を促すことによって燃料を無駄なく使うことのできるとてもエコなアイテムなのです。

防災グッズとしても使える

天然の燃料である枝や薪を燃やして暖をとることができるウッドストーブは、燃料が容易に手に入らない被災時でも活用することができます。被災時には気持ちが落ち込んでしまいがちですから、こうしたウッドストーブを使って得られる火の温かみや炎のゆらぎで安心することができます。今回のアイテム紹介で最後にご紹介している「一本かまど」は東日本大震災の教訓から生まれたアイテムですので、災害への備えとして用意しておくと便利です。

ウッドストーブの仕組みを知る!二次燃焼がカギ

ウッドストーブはただただ枝や薪を燃料として燃やして火力を得るだけのアイテムだと思っていませんか?非常にシンプルな見た目をしているので、その中に高い燃焼効率を実現する、考え抜かれた構造が隠されているとは思わない方も多いのではないでしょうか。ウッドストーブだからこそ得られる高い燃焼効率のカギは「二次燃焼」にあります。

二次燃焼によって強い火力になる

そもそも「二次燃焼」というのが何なのか。一般的に燃料を燃やす際に十分に燃焼反応が起こらなかった場合「一次燃焼」のみが起こり、煙が発生します。そして、発生した白煙の中には、完全に燃え切らなかった可燃物質や可燃性のガスなどが含まれています。これらをしっかり最後まで燃焼させる反応が「二次燃焼」と呼ばれるものです。

二重構造のウッドストーブ

円柱型のウッドストーブの多くは、外筒の中に内筒が入っている「二重構造」を採用しています。SOLO STOVEを代表として広く採用されているこの構造の最大の利点は、燃焼効率の高さにあります。一次燃焼の際に生まれる未燃焼物質をしっかりと二次燃焼させることのできる構造ですので、燃料を余すことなく利用することのできる、考え抜かれた構造なのです。

「煙突効果」について説明

ウッドストーブの燃焼構造を説明する前に、予備知識として「煙突効果(チムニー効果)」というものについて説明します。煙突内部では、筒の内部の温度が外部の温度よりも高温であるため、内部の高温の空気の方が相対的に密度が小さくなり、浮力が発生します。その結果、煙突の下部にある開口部分から煙突内に効率よく外気を取り入れることができます。これを「煙突効果」と呼びます。

二重構造による燃焼の仕組み

燃焼構造で特許を取得しているSOLO STOVEのアイテムをはじめとして、円柱型のウッドストーブには「二重構造」が取り入れられているものが多くあります。内側の筒の中に燃料となる薪や小枝を入れて着火すると、底部の吸気口を通して空気を取り込み、燃料を燃焼させます(一次燃焼)。

つづいて、ストーブの本体の温度が上昇し、内壁と外壁との間の空間にある空気が熱せられることにより生まれる煙突効果により、上昇気流が発生します。その空気が、上部の空気吹き出し口から内室に取り込まれることにより、高温の二次燃焼が発生します。この状態になると、排気ガスと新鮮な空気との循環のサイクルが効率的に行われるため、高い燃焼効果が得られます。

ウッドストーブが「エコ」なもう一つの理由

NEXT ウッドストーブが「エコ」なもう一つの理由