湯たんぽおすすめ33選!秋冬に欲しいかわいい湯たんぽカバーもご紹介

湯たんぽは体をじんわり優しく温め、秋冬には欠かせない防寒グッズです。そんな湯たんぽには種類が豊富なことをご存知でしょうか。湯たんぽを選ぶ際には、素材やタイプを見て選ぶのが大切です。今回は3タイプの人気、おすすめな湯たんぽを33選ご紹介します。

この記事をかいた人

四季を通して、山を中心としたアウトドアが大好きです。 読んで頂く方にアウトドアの楽しさを自分なりに伝えていけたらと思っています。

湯たんぽは秋冬大活躍!人気の5つの理由

①女性に嬉しい「冷え性」を改善

pasja1000 / Pixabay

湯たんぽの嬉しい点は、入れたての一番熱い状態から目覚める時間にかけ冷めていくという温度変化にあります。このゆるやかな温度変化が自律神経を整えて体全体の血流がよくなりますので万病の元とも云われる「冷え性」にも大いに役立ってくれます。また冷えによる血行不良は不眠の原因になる事も少なくないので、この点においても湯たんぽで得られる睡眠の質にもそれなりの効果が期待できます。

②肌も空気も乾燥せずに温まる

jill111 / Pixabay

気温がグッと下がる真冬の夜中などは暖房器具なども併用している方も少なくないのでは??朝まで一定の温度を保つ電機毛布などは温かいのですが就寝中、必要以上に発汗してしまい体の水分が抜け皮膚が乾燥、さらには血液循環も悪くなります。コタツで寝てしまって起きた時になんとなく体が怠くなるのもこの為です。反して、湯たんぽであれば朝まで心地よい自然の温かさで眠る事ができます。

③電気よりもじんわり優しく温まる

Alexis / Pixabay

湯たんぽを使っていて何よりも実感できるのが自然の温もりです。人工的な温かさとは違い、まるで湯船に浸かっているような、そんな感覚に近いのが特徴。自然の熱源で、じんわり体の芯まで温まる事ができるのは湯たんぽならではの利点です。

④優しいけど実はパワフル

rgerber / Pixabay

見た目から想像できないのは、その威力です。なんと湯たんぽの熱容量はガスストーブの約20倍と言われています。100度のお湯を作るのと同エネルギーで得られる熱容量は石油ストーブでは3000kcal、電気毛布になるとたった13kcalとなります。それが湯たんぽになると100度のお湯で冷めるまでに得られる熱量はなんと13万キロ。それも、機械的な熱源ではないというのは言わずもがな明らかです。

⑤コードが無いからペットがいても安心

Pexels / Pixabay

電気毛布や電気あんか・その他電気ストーブなどの家電製品と違い、湯たんぽはお湯を入れて栓を閉め、カバーにくるみ使用するのでコンセントに差し込む必要がありません。ですので電気コードが巻き付く心配もないので小さいお子様のいるご家庭やペットがいる環境でも安全に使用する事ができます。

湯たんぽのルーツとその歴史

ここで湯たんぽの歴史について少しだけ。始まりは中国・唐の時代にまで遡ります。その当時は「湯婆(tanqpo)、婆というのは「妻」の代わりに抱いて暖を取るというような意味合いであったとされていますが、日本に入ってからは「湯」が加えられて「湯湯婆」となったそうです。その日本では室町時代・動物好きで知られる徳川綱吉が犬型の湯たんぽを使用していたという説もあります。

時代によって移り変わってきた湯たんぽ

始まりだった室町時代での湯たんぽは陶器製。大正期以降になり金属製
に移り変わりましたが戦時中は金属が貴重品となった為、一旦は陶器製にシフトチェンジしますが、終戦を迎え再び金属製が主流となり今に至ります。

湯たんぽの選び方|タイプの違い

NEXT 湯たんぽの選び方|タイプの違い