マンチニールは世界で最も危険な木?死に至る?謎の木マンチニールに迫る!

樹液で探検家は死亡

先住民たちの間では知れ渡っていた強い毒性は戦いにももちろん利用されていました。水にこの毒を溶かして敵に飲ませていたり、戦闘の際にも毒矢を使用していました。スペイン探検家のフアン・ポンセ・デ・レオンはこの毒矢を受けて死亡したとあります。

知らない観光客なども被害続出

現在でもこの植物の被害にあう人はいます。毒性を知らず、ビーチを歩いていてスコールに振られた観光客たちが雨宿りをした木がたまたま運悪くこの木であった場合、雨にわずかに混ざった樹液によって皮膚がたちまち水ぶくれになってしまうのです。

マンチニールは燃やしても毒性がある!

触るだけで水ぶくれができる恐ろしいこの毒性はなんと燃やしても力を失うことはありません。この木を燃やすと毒性を持つ化学物質が煙となって空気中に飛散し、吸い込んだり目に入ると有害です。

毒が目に入れば失明?

この木を燃やした煙が目に入ってしまうと目の粘膜が炎症を起こし、ひどい場合だと失明に至るケースもあります。有害な木だからといって安直に燃やしてしまうととんでもない被害を受けることになるのです。

マンチニールは実は利用価値もある?

怖いイメージばかりできてしまうこの木ですがは利用価値がちゃんとあり、現地住民たちには何世紀にもわたってまさに毒にも薬にもなる植物としてともに生きてきた歴史があります。砂浜のマングローブの中で成育し、人々の防風林となる大きな役割も果たしてきました。

カリブ海地域では建材として利用

カリブ地域の住民たちは長い歴史と経験からこの木の毒を無毒化する方法を知っています。例えば大工たちはこの木を建材として何世紀も使用してきました。木を切り倒した後、天日干しして樹液を完全に乾かし切ってしまうのです。

浮腫の治療や利尿薬としても利用されている?

また、木の皮を加工すれば浮腫の治療に用いることもできると伝えられています。建材にする加工方法と同様に、毒の果実も乾燥させれば薬となることがわかっており、利尿薬として使われてきた歴史があります。

毒を操っていたタイノ族を絶滅に追い込んだのは?

マンチニールが成育しているイスパニョーラ島に昔から暮らしていた民族にはタイノ族がいました。豊富な自分たちの経験からこの猛毒を使いこなし、たくましく生きていた彼らも18世紀には絶滅してしまったと言われています。原因は植物の毒なんかではなく、人によって持ち込まれた微生物でした。

海に囲まれ隔離された環境で独自の風習・文化とともに暮らしていた彼らにとってスペイン人とともにやってきた未知の微生物は最大の脅威だったのです。ドミニカ共和国の地下洞窟「奇跡の洞窟」には当時の彼らが残した壁画があります。人が人を滅ぼしてしまったという悲しい歴史を忘れないように今は大切に保存されています。

NEXT 人と毒を持つ植物との歴史