マンチニールは世界で最も危険な木?死に至る?謎の木マンチニールに迫る!

おそろしい毒性

毒の組成は主にアルカロイド類で、果実中に主に存在するフィゾスチグミンをはじめヒポマニンやホルボールといった物質があります。他にも未だ同定に至っていない物質も多く含まれています。中でもヒポマニンはマウス試験において致死量はたった40-60mg/kgです。

この植物の毒を摂取すると人は代謝することのできないので強いショック症状を起こします。その上そこに存在する微生物が原因となる胃腸炎はもちろんのこと、強いアレルギー症状を引き起こし気道や口腔内の粘膜がはれ上がり、息ができなくなってしまいます。

毒は実にもある!

この強いアルカロイド類は樹木全体をめぐっていて、「小さな林檎」と言われる果実部分にも存在します。緑色から黄緑色をしたコロンとした林檎に似た小さな果実はとてもおいしそうに見えますが決して食べてはいけません。

マンチニールの実は別名ビーチアップル!

英語圏での通称は「beach apple」です。この植物は主に沿岸や汽水域の砂浜に広がるマングローブ林の中で成育しており、砂浜に小さな林檎のような実が転がって落ちいていることから「ビーチ」が定着したのでしょう。

実はとてもかわいい!

果実はとてもかわいらしい見た目をしています。スダチより少し大きく、砂浜にコロコロと転がっているとまさに小さい林檎のようでおいしそうに見えるので思わず手を出してしまいたくなりますが決して触れてはいけません。

実も見た目から想像できないほど危険

かわいらしい白い5枚からなる花びらをもつ花が散った後に結実します。子供の手のひらでぴったり持てるくらいの大きさで到底毒があるなんて想像もつかない姿をしています。ですがここまでお話ししてきたように猛毒を含んでいます。

実を食べるとどうなる?

この猛毒の果実を実際に食べてしまった人の記録がイギリス医師会雑誌に残っています。放射線医学顧問であったニコラ・ストリックランドはトバゴ共和国の旅行中に、実を食べてしまった経験を以下の様に述べています。

 「海辺の砂浜を歩いていたらココナッツやマンゴーに紛れて、緑色の丸い木の実を見つけました。私と友人はその果物を一口齧ると、たちまち甘い、心地よい味わいが口の中に広がりました。しかし数分後、口の中全体が違和感に包まれ、徐々に燃えるような痛みと共に喉が締め上げられる感覚を覚えました。」 (引用:Eating a manchineel “beach apple”(2000))

マンチニールは実だけでなく樹液や葉腋も危険

繰り返し述べていますがこの毒性はその樹木全体にあります。樹液や葉の付け根である葉腋、果実までです。古くから知られているこの毒性をうまく利用したケースもありますが大きな被害を受けたケースもあります。

樹液は先住民が毒矢として利用

猛毒があることを知っていたカリブの先住民たちは狩りのときに使用する矢の先にこの植物の樹液を塗り獲物をしとめていました。狩りに使うだけでなく戦闘の末の捕虜をこの木に縛り付け、徐々に幹から毒を浸透させ処刑したなんていうおそろしい話も残っています。

NEXT 樹液で探検家は死亡