銀ヒラスってどんな魚?その生態から味、定番レシピまで一挙公開!

最近スーパーで目にすることになった銀ヒラス、シルバーなんて書いてあることもありますが、いったいどのような魚なのかご存知ですか?安心して食べるためにもどのような魚なのか知ることは大切です。そんな銀ヒラスについて、生態からレシピまで紹介したいと思います。

この記事をかいた人

主に釣り系の記事を書いています。 小さい頃から釣りが大好きです!

銀ヒラスってどんな魚?

銀ヒラスは主に切り身で売られていることが多いと思います。その為どのような姿の魚なのか知らない方も多く、おいしいのか不安になる人もいるかもしれません。どのような魚なのか、分布、大きさ、外見的特徴などの基本的なことを説明します。

銀ヒラスは海外の魚

日本近海ではとれず、主にニュージーランド、チリ、アルゼンチン沖などの南半球が主な漁場となり漁獲されることがほとんどです。良質な脂に富んでいておいしいことから、現地では高級魚とされています。成長していくと全長60cm〜70cmまで大きくなります。銀ヒラスはイボダイ科であり、姿かたちはイボダイに似ています。

銀ヒラスの詳しい生態は?

普段浅い海には生息しておらず、主に水深約500m前後で生活をしているお魚です。200m以上の深さの場所は深海と呼ばれるため、深海魚ということになります。深海では群れとなり生息していることが多く、漁獲されるときは何匹もまとまって捕獲されることがほとんどです。

ヒラスという別の魚もいる?

ややこしいことに、名前が似ている魚に「ヒラス」がいます。名前に銀がついていないだけですが、まったく別ものになります。ヒラスとはヒラマサの地方名で、主に大阪、高知、九州でそう呼ばれます。ヒラスと書かれ売っていたら、ヒラマサの可能性がありますので、銀ヒラスと間違えないように注意しましょう。

銀ヒラスの漁獲方法は?

日本近海では漁獲されることがないですが、どんな方法で漁獲されるのでしょうか?深海に住んでいますので釣りや、ましてや泳いでとることはできません。気になる銀ヒラスの漁獲方法を説明します。

トロールが主流

漁獲する方法は「トロール」という漁法が主に使われています。底引網漁法の一種で「トロール網」という長さ約25mの三角形の網を一隻の船で引っ張り、網の中に入ったものをすべてすくい取っていきます。よくテレビで吊り上げた網の中に魚が大量に入っている映像があると思いますが、それがトロール網です。

主な輸入国は?

日本近海ではとれないため、日本に並んでいるものは、ほとんどが海外からの輸入品です。売られているものを見ると産地の記載がありますが、主な日本への輸出国はニュージーランド、チリ、アルゼンチンとなります。給食の料理にも使われたりと、日本でも需要があります。

魚の流通方法

NEXT 魚の流通方法