キャンプ初心者向け道具の選び方&おすすめ道具全40選!一式費用の相場も!

キャンプが再びブームになっている今、キャンプを始めたい方も多いですよね。今回はキャンプ初心者に絶対参考になる、キャンプ道具選びを特集します。選び方はもちろん、最低限必要なものごとに厳選したおすすめキャンプ道具をご紹介します。貴方はどのキャンプ道具を選びますか?

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

キャンプ初心者向け!道具一覧

おすすめ道具とその選ぶ方を紹介していきますが、その前に抑えておく情報があります。それが、どんな道具がそもそも必要になるかというポイントです。何がどんなシーンで使用することになるのかが分かっていないと必要最低限の道具をそろえることもできません。一通り道具を紹介していきましょう。

用意する道具

初心者がまず把握しなければならない道具の種類を上げていきましょう。最低限必要なアイテムといえば、テント、シュラフ、マット、テーブル、チェア、バーナー、焚き火台、ランタンが挙げられます。もちろん、寝心地や調理に関する必要アイテム、また季節に合わせて必要なアイテムなどはありますが、これらのアイテムが基本的なものになります。

キャンプで何をしたいか、自分のスタイルが決まっていない初心者には難しいかもしれませんが、何を目的とするかで、蒸気に挙げたアイテムの中でも性能が変わってくるので、それぞれの性能を見比べながら選ぶ必要も出てくるでしょう。

家にあるもので代用できる道具

先述した道具をすべて集めて、そのうえでさらにそのほかのアイテムも集めていくとなるとかなりの量を購入することになるのと、出費もかさみます。そこで家にあるもので代用できるものも紹介していきましょう。バーナーなどは紹介しましたが、肝心の鍋などは家にあるもので代用できます。また、食材を保存しておくクーラーボックスも、家にある発泡スチロールなどで代用が可能です。

快適な寝心地を作りたいのであれば、予備の布団をテント床に重ねたり掛けることで暖かくして柔らかい寝床で寝ることができます。また、ランタンやテーブルなど上記で上げたアイテムに関しても代用が効く方法はあります。テーブルの場合、ソロキャンプであれば特に段ボールや家にあるボックスを使えば折りたためて便利に使用できます。

また、ランタンなども工夫次第で明かりを得ることができるアイテムを自作することもできます。例えば、スマホの灯りや懐中電灯を液体の入った瓶のそこに当て用意すれば、周囲を明るく照らしてくれる光源になってくれるのです。代用できるアイテムは工夫次第でかなり探すことができるので考えてみるのも一つの手です。

キャンプ初心者が道具を集めたら?費用の相場

必要最低限のキャンプツールを把握して、いざ集めようとすると心配になるのが費用です。集めたらいったいどれだけの費用が掛かるのでしょうか。相場が分からなければ、初心者の内からかなり高級なものを購入したり、無駄なものを購入する可能性もありコストがかかりすぎます。どれくらいの相場なのか紹介しましょう。

最低でも5万~8万円ほどかかる

キャンプ道具を集めようとすると、目的にもよりますが最低限の一式を集めた場合でも5万円から8万円ほどかかるようです。もちろん、目的に合わせて性能も変わります。その目的に合わせて特化したものが欲しいといった希望があれば、それに見合ったアイテムを買うことになるので、もう少し金額は張ってくるでしょう。

付帯的な費用としては、テントは高めで3万円程度、シュラフは必要ないケースもありますがあったほうが快適で5千円程度からします。また、テーブルやチェアは背もたれやリクライニング機能を求めれば1万円からします。テーブルに関しては素材によっても変わり1万円程度です。マットはサイズにもよりますが1万円ほどです。

またバーナーはシングルのものであれば5千円から手に入ります。もちろん口数が多くなったりと機能が上がれば高級になります。焚き火台についても1万円ほどかかり、ランタンについては、安いもので3千円からのものもありますので、合計8万3千円ほどです。機能を求めてしまうと高くなってしまいます。

逆に安くすることも不可能ではありません。最低限の機能だけで最低限の数を購入してキャンプは不可能ではないようです。しかしこれ以下の値段になると、使い勝手の悪さや、性能足らずで結局手間が増えるといったデメリットも生じるケースは多いようです。妥協ばかりしていると安く済んでも後から困るといったケースもあるようなので、パフォーマンスも検討して購入する必要はあるようです。

キャンプ初心者向け!道具の選び方

費用も気になる中、いよいよ道具を選ぶといったと時、何に注目して道具を選んでいけばいいのか分からない人は多いと思います。特に初心者キャンパーさんであれば、そろえる必要のある道具も知らない人も多いのに、どの基準で道具選びをすればいいのか分からない人は多いでしょう。そこで、各種道具の選び方も含めて紹介していきます。

ブランドを統一して揃えてみる

NEXT ブランドを統一して揃えてみる