信頼のブランドMSRに魅了されるアウトドア好き続出!おすすめアイテム25選

MSR(マウンテン・セーフティー・リサーチ)は極めて信頼性の高いアウトドアメーカーです。他のメーカーと違って多種多様な製品展開はしていません。テント、タープ、ストーブ、スノーシュー、浄水器などMSRの素晴らしい信頼のアイテムをご紹介しますのでご期待ください。

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

MSRってどんなブランド?

MSRのアイテムは登山シーンでの使用を想定して作られています。より安全で信頼のおける装備を提供することによって、アウトドアへの無限の可能性を開こうとする熱い企業理念のもとに操業されているブランドです。

MSRはMountain Safety Researchの略

登山などのように荷物制限のあるハードなアウトドアシーンでの安全性と快適性をサポートするアウトドアギアを多数発売しているMSR。そのブランド名は「Mountain Safety Research」の略で、アウトドアにおける安全性を第一に置いた製品コンセプトは世界中の愛好家から評価されています。

MSRは今でも創業者の理念を受け継いでいる

1969年にシアトルのエンジニアで登山家であったLarry Penberthyの手により創業されたMSRは、「登山用装備の安全性を高めること」を目標に掲げていました。今日に至るまで創業者の熱い情熱はチームに引き継がれ続け、技術的・科学的観点から研究されつくした、様々な名作を生み出し続けてきています。

MSRの製品は登山がベースだから軽量・コンパクト

アウトドアシーンにおいて非常に優秀なギアを数多く発売してきているMSR。その品質の高さは、登山というアウトドアの中でも特にハードなシーンを想定して製品開発がなされているゆえです。必要な装備を運搬しながら、険しい山道を登る必要のある登山シーンでは、必要以上にサイズが大きく重量がある荷物を携帯することは、時として命取りになります。

そのようなハードなアウトドアシーンだからこそ、MSRは装備の安全性の改善を提唱し続け、登山家の快適なアウトドアをサポートすべく、高品質なアイテムを作り続けているのです。また、こうした軽量・コンパクトなアイテムは登山だけではなくキャンプ、ツーリング、バックパッキングなどの場面でも非常に利便性が高く、人気となっています。

MSRの歴史

今年で創業から50周年を迎えるMSRのこれまでの歴史を、簡単な年表にしました。様々な登山用アウトドアギアを販売しているMSRですが、ここまで至るのに様々な出来事があったということがお分かりいただけるかと思います。

  • 1969年 シアトルのエンジニアであり登山家であるLarry Penberthyにより創業。
  • 1970年 アルミ製のシャフトを使用した世界初のピッケルを開発。
  • 1973年 バックパッキング、登山用としては初のリモートバーナー式のストーブを開発。
  • 1975年 長時間持続可能なリチウム電池を一般消費者向けに使用。
  • 初となるマルチフューエルストーブを発売。
  • 1976年 レインジャケットやパーカーの脇に通気用のジッパーを採用することで通気性の向上を実現する。
  • 1984年 ウィスパーライトストーブを発売し、のちにバックパッキングストーブの代名詞として有名になる。
  • 1991年 浄水器として最も信頼されているWaterWorksフィルターを開発。
  • 1998年 液体燃料ストーブとして初めてのとろ火を実現する。
  • 2001年 登山での使用を想定した、耐久性や携帯性に優れたテントシリーズの開発をスタートする。

MSRの製品はどれも信頼性抜群

登山をはじめとしたハードなアウトドアシーンでの活用を想定して作られているMSRのアウトドアギアは、いずれも高い機能性を備えています。創業当初から続く強い企業理念と信頼がもたらす高品質なアイテムは数々の実績を重ねています。

MSRのテント・タープ

NEXT MSRのテント・タープ