釣りバッカンのおすすめ用途別40選!自分に合った選び方もご紹介!

釣りのバッカンは多種多様で、多くのバッカンが販売されています。しかしあまりにも多く、バッカンをどのように選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?そんなバッカン選びに困っている方に、用途別におすすめのものをセレクトしたのでご参考にしてみてください。

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

バッカンってどんなもの?

バッカンという言葉を聞いたことがありますか?これから釣りを始める予定の人や釣りに興味がある人には聞き慣れない言葉でしょう。ここでは40選を紹介して行く前に、まずはバッカンがどんなものかを見ていきます。

バッカンとは?

釣り場に行った時に、釣り人が容器のようなものを肩から下げている姿を見たことがあるでしょう。その容器がバッカンです。柔らかい素材でできているものもあれば、硬い素材でできているものもあります。主に撒くための餌を入れておく容器です。

用途は無限大

餌を撒くための容器ですが、使い方は様々です。例えば釣りの道具をひとまとめにしたり、釣った魚を入れておいたり、釣り具を入れずに収納ボックスとして使っている人もいるでしょう。このようにバッカンの用途は様々な使い方があるのです。

バッカンの選び方とは?

色々な使い方ができて便利ですが、メーカーからは様々なバッカンが販売されています。初めて購入する人にとっては、どれが自分に合っているものなのかがわからないという問題も起きるでしょう。この見出しでは自分に合っているものを探すために選び方のポイントをまとめておきます。

用途に合わせて選ぶ

撒き餌で使うのであれば混ぜる時に蓋が邪魔になるため、しっかりと蓋を固定できるものを選ぶのが良いです。餌を混ぜたり、撒くために撒き餌を取り出したりする時に蓋を片方の手で押さえて使用すると効率が悪くなります。

道具を入れるのであれば小さなトレイが付属しているバッカンがあると小物が整理できて、どこにこのもがあるかが把握できるため、取り出しやすくなります。このように使い方によって便利な機能が異なりますので、何に使うかをしっかりと把握しておきましょう。

機能性で選ぶ

どういった機能で選ぶかも大切です。例えばバッカンにはロッドホルダーが付属しています。ロッドを2本持って行く釣り人であれば、ホルダーは1個では足りないのでホルダーが2個付属しているものを選んだりするのです。

またバッカンには肩にかけて持ち運べるショルダーベルトがあります。道具がたくさんあって重いものを運ぶのであれば、肩にかけられた方が楽です。その反対に軽くて小さなものを運ぶのであれば、手提げ式の方が使いやすいでしょう。

魚種に合わせて選ぶ

釣った魚を入れておくために使う場合はターゲットの魚よりもサイズの小さいものを選んでしまうと、せっかく釣った魚が入らず保管場所に困ります。またターゲットよりも大きな魚が釣れてしまうこともありますので、少し余裕のあるサイズを選ぶことが大切です。

ネットでバッカンを購入する際の注意点

NEXT ネットでバッカンを購入する際の注意点