マキネッタでおいしい珈琲を味わおう!おすすめ10選と使い方・手入れ方法まとめ

マキネッタという道具をご存知の方は少ないかもしれません。誰でもおいしくコーヒーが入れられる便利なアイテムです。今回はおすすめのマキネッタを10アイテム紹介するとともに、おいしいコーヒーのレシピやコーヒー豆も紹介しますので、さっそく試してみてください。

この記事をかいた人

為せば成る・・・? 一つ一つお世話します!

マキネッタってどんなもの?

イタリアで生まれて、現在は世界中で愛好されているのがエスプレッソです。マキネッタはそのエスプレッソを作る道具になります。イタリアの家庭ではどの家にもあるとされ、日本で言えばお茶を入れる「きゅうす」的な存在ともなっています。マキネッタがあれば誰でもが何処ででも、簡単に美味しくエスプレッソを作ることが出来ます。

マキネッタはエスプレッソを作る道具

本来のコーヒーが持つ旨味を凝縮したエスプレッソですが、マキネッタはドリップ式と違いコーヒー豆により高い圧力をかけて、一気に抽出していく方式です。こうして独特の深い味わいのあるエスプレッソが出来上がります。

電気式のエスプレッソメーカーとの違いは、圧倒的な手軽さになります。直火式なのでコーヒー豆と水をセットして沸かすだけなのはもちろん、使用後に丸洗いできる簡便さも便利です。アレンジバリエーションが多彩なエスプレッソが気軽に飲めるのは最大の魅力です。

マキネッタでエスプレッソを作る仕組みは?

直火式エスプレッソメーカーはどの様にコーヒー抽出を行うのか、マキネッタでエスプレッソを作る仕組みを見てみましょう。コーヒー豆と水をセットし沸かすと、蒸気が発生して内部気圧が高まります。蒸気圧によりコーヒー豆の入るバスケットにお湯が入ります。コーヒーを抽出したお湯はノズルを通ることで、上部サーバーに溜まる仕組みです。

マキネッタで作れるコーヒーの種類は様々

多彩なアレンジバリエーションが魅力のエスプレッソですが、マキネッタで作れるコーヒーの種類は様々となっています。詳しく後述しますが、本当にたくさんの種類があってコーヒーを最大限に楽しめるものとなっています。

マキネッタでコーヒーを入れる手順

コーヒー豆を準備するのはもちろんですが、マキネッタでコーヒーを入れる手順を整理してみましょう。定期的な軽量など細々したことも多くあります。大変そうに見えますが、慣れれば誰でもできる簡単なことばかりです。順を追って説明します。

①コーヒー豆を準備する

当たり前ですが最初はコーヒー豆を準備することから始まります。お好みのコーヒー豆で良いのですが、分量的には3カップに対して18g-20gが適度です。タンピングなどでも味わいが変わってくるので、豆の量は一定にしておきましょう。

②コーヒー豆を挽く

電気式のエスプレッソメーカーでは極細挽きを使用しますが、マキネッタでは細挽きを使います。理由は粉がバスケットに詰まると、コーヒーの抽出が始まらない可能性がある為です。ここは注意すべき点になります。

③コーヒー豆のタンピング

NEXT ③コーヒー豆のタンピング