ヒラメロッドの最強おすすめ15選!長さや硬さの選び方も!

ヒラメロッドはヒラメを釣るための竿です。ヒラメ釣りは海釣りの中でも特に人気の釣り方で、ヒラメ釣りは一度はやっておきたい釣りです。この記事では初めての方やベテランの方も使えるヒラメロッドのおすすめと長さや硬さの選び方を紹介します。

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

目次

ヒラメロッドとは

初めてヒラメ釣りを行う人やこれから釣りを始めようとしている人のために、使用するロッドやヒラメ釣りについて、そしてその重要性を見ていくことにしましょう。これで初めて釣りをする人でも少しはイメージしやすくなります。

ヒラメロッドはヒラメを釣るための竿

ヒラメロッドとはその名前の通りヒラメを釣るためにふさわしいロッドです。そのために必要な性能を備えているロッドで、エギングロッドやシーバスロッドと比べると少しタイプが違ったロッドになっています。

ヒラメ釣りは人気の釣り方の一つ

ヒラメ釣りは難しい釣りなのでは?と思ってしまいます。もちろん誰でも簡単に釣れるというわけではありません。しかし、ちゃんとしたコツを掴めば初めての人でも釣りを楽しめます。またロッドに動きをつけて魚を誘うアクションを使う釣り方もあり、ベテランの人でも釣りごたえがあります。

ヒラメ釣りはロッド選びが重要

詳しいことはこの後の見出しで紹介してますが、ヒラメはエサへの食いつきやアタリの感覚が他の魚とは少し違うため、それに対応できるロッドを選ぶことが大切です。またヒラメロッドでなければヒラメが釣れないわけではありませんが、初めての人でも釣果を良くするため、ヒラメ釣りで活躍できるロッドを選ぶのが良いでしょう。

ヒラメロッドの選び方

ここからはヒラメを釣るにはどんなロッドが適しているかを紹介します。紹介の中にはフィートやロッドの硬さといったものが出てきて分かりにくいかもしれませんが、できるだけ初めての人でもわかるように心がけるので参考にしてください。

ヒラメロッドの長さは9.6〜11フィートが主流

分かりやすくmに直すと2.90m〜3.35mの長さです。結構長く感じますが、ヒラメ釣りは主にサーフと言って岸から釣りを行います。遠くの沖の方にいるため、そこまで仕掛けを投げなければ釣れません。遠くへ投げ込むにはロッドが長い方が有利になるので、これくらいの長さが主流になっています。

ヒラメロッドの硬さはML〜Mがおすすめ

MLはミディアムライト、Mがミドルです。メーカーによって多少表記が違うことがあるので、硬さの種類については詳しく説明はしませんが、硬さはやや柔らかい〜普通といったところでしょう。シーバスやジギングロッドよりも柔らかめのロッドを使います。

ヒラメは他の魚と違い吸い込んで食べずに、噛み付いて食べる魚です。そのため仕掛けが引っ張られにくくアタリを感じにくいです。またロッドが硬いと引っ張られた時の反発力が強すぎて、ヒラメの口から仕掛けが外れやすいため、ロッドは柔らかめのものを選びます。

ヒラメロッドのおすすめ15選をご紹介!

さて、ここからは上記のことを踏まえてオススメのヒラメロッドを紹介していきます。ロッドによって良い部分がそれぞれ違うので、特徴やスペックを参考に自分好みのロッドを見つけてみましょう。

ヒラメロッドのおすすめ15選|①ダイワ 「ラテオFJ 103ML」

NEXT ヒラメロッドのおすすめ15選|①ダイワ 「ラテオFJ 103ML」