今年は自転車で旅をしよう!災害時対策にもつながる自転車旅のすすめ

自転車で旅をする。ハードルが高く感じるかもしれませんが、今すぐチャレンジすることをおすすめします!自転車で1泊以上の旅ができれば、災害時対策にもなり、楽しみながら、「いざという時の備え」にもなる、自転車旅のメリットや持ち物、初心者の方向けおすすめプランをご紹介します。

この記事をかいた人

多くの記事の中から読んで頂きありがとうございます。 フリーライターのオハンと申します。 学生時代よくアウトドアレジャーを楽しんでいました。夜中に埠頭から車に積んでいたバス用のロッドとルアーでタコを釣り上げ友人と大笑いしたのはいい思い出です。

自転車旅のメリット

旅に行こうと思った時に真っ先に思い浮かぶ移動手段は車や電車を思い浮かべます。旅をする時に自転車を移動手段と考えいる人は少数かもしれません。もちろん車や電車を使って目的地に行く旅もとても楽しい旅ですが、その旅を自転車にすることによって、車や電車では味わうことができないことを少し挙げてみます。

風をきって走る爽快感

最初に挙げるメリットはなんといっても風を感じることができる爽快感が気持ちいいです。自然の風を受けながら移動できる旅はとても気持ちがいいですし、景色もゆっくりと流れていくので目や身体全体で自然を楽しめます。車や電車での移動では決して味わうことが出来ない爽快感になります。

運動不足解消

普段から車や電車で通勤している方が沢山いると思います。そして会社でもデスクワーク中心の作業になるとほとんど歩くことがないので、日頃から運動不足になりがちです。その点自転車の旅は必然的に身体を使うことになりますので、日頃から運動不足に悩んでいる方も運動不足解消になります。

渋滞も回避できる

車での移動に渋滞はつきものです!家族や恋人、友人達との楽しい旅も渋滞にハマって中々進まないし、いつ目的地に到着出来るのか分からなくてイライラして楽しい気分が台無しになることもあります。でも自転車なら車の横をスーッと抜けていけるので渋滞の影響はほとんど受ける事なく、場合によっては車より早く到着できるかもしれません。

なんといってもエコ

車は排気ガスを排出し、電車は電気を使います。その電気は火力発電所などで作られているので、どうしても化石燃料を必要とします。自転車は何も排出せず、自分の力で動かすのでクリーンでエコな移動手段になってきます。またガソリン代や電車代も掛からないので、お財布にもエコですよ。その浮いたお金で食事を少し高い物に変更もいかがですか?

災害対策になる!

昨今の日本はあらゆる所で災害が起きています。そして災害が起こると特に都市部では公共機関が動かなくなることで帰宅出来ない帰宅難民が出てしまいます。もし災害時に自転車で通勤していたら、公共機関が動いても、動かなくても関係ありません。道が寸断とかされていない限り帰宅は可能で災害対策に自転車はなります。

災害対策にもなる自転車の旅の持ち物

さきほど災害対策にもなるといいましたが、自転車旅で必要な持ち物がそのまま災害対策にも十分に繋がってきます。もしもの時の備えにもなるので安心できます。ではどのような物が必要になってくるのか具体的に必要な持ち物を挙げていきます。

サイドバック

NEXT サイドバック