キャンプ用品の収納上手になろう!アイテムを上手に保管する6つのポイント!

キャンプ用品の収納と保管方法はキャンパーの悩みの種。かさばるものや重いものもあったりで自宅で保管するのにもたしかにちょっと一苦労です。今回はそんな悩みを解決するためにキャンプ用品の収納保管のポイントを6つにまとめてご紹介。ぜひ収納達人を目指してください!

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

キャンプ用品の収納保管はどうしていますか?

キャンプ用品は数多くのメーカーから様々なアイテムが出されており、実際に現地で楽しむには欠かせないアイテムばかり揃っています。そんなアイテムを必要だから、気に入ったからと購入していると沢山のツールを所持することになりますが、数多くそろえていくと共通の悩みが生じます。

それが収納の問題です。収納できないとキャンプも上手に行うことができません。どう解決していけばいいのでしょうか。

キャンプ上手になるカギは上手な収納から

まずはどうして収納がそこまで大切なのかですが、収納や保管がうまくできるようになればキャンプも充実してうまくいくようになります。

キャンプをしていると大変なのが準備ですが、どこに収めたのか分からない状態でいると準備の段階から手間取ってしまいます。無駄な時間が取られることでキャンプをスムーズに行うことができなくなるのです。

上手な収納はキャンプ用品の寿命を延ばす

上手な収納はさらにキャンプ用品の寿命も延ばしてくれる効果を持っています。収納がうまくいっておらず他のアイテムと干渉したりぶつかっているままで収めていると、当然ながら傷んでしまいます。

また、保管状態が悪いと、湿気や高音を避けないといけないアイテムであれば、いざ使用する時にうまく動作しなかったり寿命が着ていたりすることもあるのです。上手に保管できて入ればこれを防ぐことができます。

キャンプ用品収納と保管のポイント①収納前のお手入れ

具体的な収納と保管おポイントについてピックアップしていきましょう。ポイントを押さえていくことでより収納上手になることでしょう。まずは収納前のお手入れ編です。単純に収納できればいいというものではありません。この手入れをすることでより品質を保つこともできます。

泥や汚れを落としておく

収納前のポイントとしては、泥や土、汚れといったものを落として収納することです。泥や土はキャンプでは日常茶飯事。どうしても避けられない付着物です。地面に直接触れていないアイテムにも高い頻度で付着することがあります。

きれいに取り除いてあげましょう。また汚れに関しても、定期的にチェックしてギアに付着がないかを見てあげましょう。

地面に接するアイテムは泥や土を取り除く

テントやマット、焚き火台やテーブル、チェアといったアイテムは地面と接するアイテムです。特に大きなアイテムになると地面と接する位置や面積も増えるのできれいに布なので取り除きましょう。

水洗い可能な物であれば洗い流して取り除く方法もおすすめです。もちろん、土を家に用いれない防止策にもなるので家や収納部屋を汚さないためにも必要なことです。

小物アイテムも汚れがないかチェック

小物系のランタンや調理用品など細かなアイテムは土や泥が跳ねることはありませんが、少なからず汚れが付着することはあります。

他のアイテムと擦れて塗装が移ったりといった事も可能性がありますので定期的にチェックして取り除きましょう。チェックしておくと汚れだけでなく機材の不調などにも気づくことができます。

よく乾燥させておく

NEXT よく乾燥させておく