釣り用クーラーボックスおすすめ25選!用途別に適したアイテムを解説!

炎天下でも安心という声も

コストパフォーマンスの高さが評価を呼ぶプロバイザーHDとなっています。簡単に開くフタは閉めた時にはしっかり閉まると大好評となっています。保冷の能力も申し分のないところで、炎天下でも安心という声も届いています。

クーラーボックスを使う際の注意点!

幾分気を付けたいところが、クーラーボックスを使う際の注意点になります。細かいことですが食料と餌や魚を分けて入れたり、直接氷に魚を触れさせたりしないことです。大事なことですので順に見ていきましょう。

餌や魚と食べ物のクーラーボックスは分ける

1つの場合でも匂いがつくので、餌や魚と食べ物のクーラーボックスは分けて入れるのが大事になります。食料用と魚用に用意できれば、それに越したことは無いです。でも1つの際は充分気を付けましょう。

魚に直接氷が接しないように入れる

氷に直接触れると痛みが早まるので、魚に直接氷が接しないように入れることが重要となってきます。ビニール袋に入れるか、又は氷に水を入れてから保存するようにすることが肝要です。気を付けたいところです。

釣りクーラーボックス竿立てについて

長時間竿を持っていると疲れます。かといってそこらに竿を置くわけにもいきません。風なども考えると少しくらいでは動かない竿立てが重宝します。ロッドキーパーやロッドスタンドとも呼ばれますが、持ち場を離れる際にもなくてはならないものとなっています。立てた角度のと寝かせた角度のものがありますが、純正オプションの竿立てが便利です。

釣りクーラーボックスの保存方法

魚が氷に直接触れたり、血抜きの出来てない状態では美味しくない可能性があります。そこで保存方法ですが、潮氷漬けが最適となっています。海水の入った潮氷に魚を浸けることで、冷蔵庫のチルド室と同様になるので鮮度が保持できます。変える際に水抜き栓から水を抜き、残氷に新聞紙やタオル等を引いて直接魚に氷が当たらない様に注意します。

釣り用クーラーボックスは買ったほうがいい!

釣りに出かけてから持って帰って食べるまでを一つの行程と考えると、俄然重要になってくるのがクーラーボックスです。鮮度を保持したまま持って帰れるということは、その分食中毒の心配も減ります。断然釣り用クーラーボックスは買ったほうがいいという意見です。

その他の「クーラーボックス」に関する記事はこちら