シマノカルカッタの全ラインナップと魅力・インプレをご紹介!コンクエストとの違いも

大物との格闘のPEを巻く

このクラスのリールになると、PEを巻ける物が増えてきます。御多分に洩れずPE6号を120m巻けてしまします、PE6号というと、約90lbの強度がある計算です(6(号)x15倍=90lb)このような強度のラインであれば、ビッグフィッシュにラインブレイクされることもめったにないでしょう。

アイテムのスペック

主なスペックですが、左ハンドル、自重が325g、ギアー比5.6、スプール径が43㎜、スプール幅22㎜、ベアリング数は4個、ドラグは最大7kg、糸巻量はナイロンで16lb-210m,20lb-160m,25lb-135mです。ハンドルⅠ回転で約75cm巻き上げる事が出来ます。この75cmは400サイズよりも長いです。

シマノカルカッタのラインナップをご紹介!⑦400 RIGHT

 

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 13 カルカッタ 400 右ハンドル

 

Amazonで見る

最後に、400シリーズです。シリーズはこの400が最大になります。自重も335gとかなり重くなるのでさすがにランガンには向いていないですが、大物との格闘をアングラー側に優位にみちびいてくれるパワーがあります。

400 RIGHTの糸巻量

PE6号でなんと170mが巻けてしまいます。淡水での大ナマズ系には勿論、カルカッタは海にでも使用が出来ますので、海に持っていき、青物を狙ったジギング、ラインの太さを気にする岩場での釣りにも向いています。こちらは海の方が出番が多そうです。

アイテムのスペック

主なスペックですが、右ハンドル、自重が335g、ギアー比5.1、スプール径が43㎜、スプール幅31㎜、ベアリング数は4個、ドラグは最大7kg、糸巻量はナイロンで16lb-300m,20lb-235m,25lb-195mです。ハンドルⅠ回転で約68cm巻き上げる事が出来ます。かなり深いところまで狙える糸量です。

シマノカルカッタのラインナップをご紹介!⑧401 LEFT

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 13 カルカッタ 401 左ハンドル

Amazonで見る

400シリーズの左ハンドルバージョンです。海でのライトジギングでは腕のパワーを必要とするので。利き腕を考えつつ、どちらの腕に力が必要かをよく計算をしてください。時に初心者の方、女性アングラーの方は注意してリールを選びましょう。

401 LEFTの巻きの量

このリールは300シリーズより巻きの量が少ないです。具体的にいうと、68cmです。ジギングで底をとった後、1m~3m付近をネチネチとシェイクしてみましょう。食い渋った魚が思わず口を使ってくるかもしれません。68cmと巻き取り量が少ないからこそなせる技です。

NEXT アイテムのスペック