魚のさばき方を動画付きで徹底解説!ヒラメやアナゴのさばき方も!

皆さんは、魚を丸ごと一匹さばくことはできますか?魚のさばき方は難しいと思われがちですが、いくつかの重要なポイントを押さえれば、誰でも簡単にさばき方をマスターできます。この記事では、魚のさばき方を動画付きで解説します。ヒラメやアナゴのさばき方も解説するので必見!

この記事をかいた人

夢は、大自然の土地に住むことです。

魚のさばき方は意外と簡単!

魚のさばき方は難しいと思われがちですが、ポイントを理解して、訓練することで、簡単に魚の種類ごとにさばき方をマスターできます。この機会に覚えてみましょう!

基本的な魚のおろし方

魚は大きさや種類によって魚のおろし方が変わります。二枚おろしとは中骨のありと中骨なしの身の2枚ができます。それ以外のおろしかたをご紹介します。

魚のおろし方での注意点

魚をさばく道具や魚の管理について注意点を説明します。料理をするときは、包丁で怪我をしないように気をつけましょう。大量にさばくときでも包丁に力を入れすぎないようにしましょう。

切れる包丁を使う

切りにくい包丁は、魚をバラしにくいだけではなく、見た目が悪く、鮮度も落ちてしまうので、包丁の刃の状態を見てから、必要なら包丁を研いでから料理しましょう。

新鮮なうちにさばくのがおすすめ

魚の鮮度が良いほど、身が固くひきしまっています。新鮮な魚をすぐに調理できない場合は冷蔵庫で冷やしてから魚をさばきましょう。鮮度が落ちると、身が柔らかく、初めての場合では、おろしにくくなります。

実際に魚をさばいてみる

新鮮な魚もしくは、冷やした魚を用意しましょう。初心者の方は、よく冷やした魚の方がさばきやすいかもしれないです。魚のさばき方の手順は、魚の表面のウロコや汚れを取り、頭を落として、内臓を綺麗に取り除きます。

三枚に切り分ける時に背骨に沿わせておろしますが、身がかなり残る場合は何回か練習を重ねることで薄く切れるようになります。包丁を入れる角度や力加減のコツをで綺麗に切れます。中骨を取るときは、身を持ち上げて曲げて、骨を出すことで抜きやすくなります。皮を引くときは、力加減のコツを掴むことが必要です。

包丁の切り方の種類

魚のさばき方に入る前に、包丁の切り方を説明します。包丁の切り方には、素材によって「押す」「引く」の切り方を使い分けています。肉や野菜は「押し切り」ですが、魚や刺身、柔らかい肉は「引き切り」が切りやすいです。

切り方が違うのはどうして?押し切り

包丁の切り方の使い分けは、素材の繊維を潰さずに旨みを逃がさないようにすることが大切です。切り方や持ち方を安全に包丁を使うことで、食材をさばくのも早くなります。さらに扱う食材によって、包丁を変えると切りやすくなります。

押し切り

肉や野菜などを切る時に使用する切り方です。無理に力を入れずに、包丁の重さと包丁の刃の長さ全体を利用して、包丁を反対側まで食材を押し切ります。

引き切り

魚や刺身、柔らかい肉など切る時に使用する切り方です。包丁の刃の根元から刃先全体を利用して、食材を引き切りします。刺身包丁は長い和包丁ですが、刺身は魚の繊維と美味しさを保つために、1回で切り終わるように刃渡りが長いのです。

魚のさばき方を解説!

NEXT 魚のさばき方を解説!