アシストフックを自作しよう!作り方とおすすめの道具をご紹介!

アシストフックの自作に必要なおすすめの道具④便利道具

アシストフックを作る際になくても作れますがあると便利な道具を紹介します。初期費用は掛かってしまいますがそう壊れるものでもないので、余裕があれば購入をおすすめします。アシストフック作りが楽になるでしょう。

キャップス バイス クラウンバイス

キャップス(Caps) バイス クラウンバイス(ペデスタル)

Amazonで見る

フックを固定し糸を巻くときにあれば便利です。バイスにも卓上におけるタイプのものや机に挟んで使うタイプのものがあり、値段も様々で迷いますがアシストフック用に買うのであればそれほど高価なものではなくて良いです。

お手頃価格でしっかりとした作り

バネタイプのバイスでフックを挟むジョーを開くにはレバーを強く握ると開きます。卓上タイプで土台もしっかりしていてコンパクトです。糸を巻くときにもぐらつくことなくしっかりと固定してくれるのでおすすめです。

スペック

  • 卓上タイプ
  • 重さ1.5㎏

ティムコ TMCセラミックボビン

ティムコ(TIEMCO) フライタイイング TMC セラミックボビン スタンダード

Amazonで見る

セキ糸をセットしてフックに巻き付けるのを楽にしてくれます。ボビンホルダーを使った方が作業も早く、セキ糸も綺麗に巻き付けることができるので合った方が良いです。糸の出る口の部分が金属製のものは摩擦が大きくなり糸が切れる恐れがあるのでセラミック製のものにしましょう。

シンプルで扱いやすい

シンプルで扱いやすくセラミックチューブなので安定した滑りで糸切れを防いでくれます。色々な角度で使用しても糸切れが少なくフックとアシストラインを固定する作業を楽にしてくれるでしょう。

スペック

  • セラミックチューブ
  • チューブ径:ファイン・スタンダード・ヘビーデューティの3種類
  • アームタイプ:ストレート・ベントの2種類
NEXT コモ ロングニードル ノーマルタイプ アシストフック作り