ヘチ釣りのおすすめタックルと釣り方をご紹介!仕掛けの動かし方も

ヘチ釣りのポイントは防波堤

ヘチ釣りは釣れる場所がいくつかありますが、よく釣れるのはやはり防波堤です。防波堤には初心者、上級者に関わらず餌が現地でお金もかからなく調達でき、防波堤の壁面には貝類だけでなく海藻類、カニなどもよくいます。カニは魚にとって大好物でヘチ釣りをするのに絶好の場所です。

イガイなどがくっついていたらベスト

最も貝類の中で魚が食いつきやすいのはイガイという貝の一種です。イガイが防波堤の壁面に沢山付いていれば大型魚がそこに潜んでいる証拠でもあります。イガイが沢山ある所にはクロダイ以外にも大物が潜んでるので、防波堤で釣りをする時はイガイを目印にすると良いでしょう。

ヘチ釣りの釣り方②仕掛けの動かし方

ヘチ釣りに向けて仕掛けの準備が完了したら、ここで仕掛けの動かし方をご紹介します。ヘチ釣りというのはただ仕掛けを海水に入れてそのまま待っていてはなかなか釣ることができない特殊な釣りです。ですが、やり方は案外シンプルなので動かし方をだいたい覚えてしまえば誰にでもできます。

ヘチ釣りは防波堤の20㎝までに落とす

防波堤の岸壁の所から投げて、約20cm以内までを目安に餌を落としていきます。それでアタリが来なかったら次に狙いたい所へ行き同じ範囲を狙っていきます。ヘチ釣りはこちらから魚を探していく釣り方法なので、しばらくしてもアタリが来なかったら最初と同じように次を狙っていきます。

ヘチ釣りのアタリは竿先に注目

ヘチ釣りだけでなく、他の釣りでもアタリの判断は同じですが、基本的にアタリが来ると竿先が引っ張られて少し動き、感覚でもわかりますが肉眼でも確認ができます。また、竿先だけだとわかりにくいという人は、ウキを使うとアタリが来たらウキが沈むのでもっとわかりやすいでしょう。

ヘチ釣りのアワセは聞き合わせをしてから!

アワセと言うのは魚の口にハリを掛ける技の事です。アタリの前に1、2回軽くツンツンと感覚が来ます。この時に少し釣り糸を上げて様子を見る事を聞きアワセと言います。そして3回目にグンッと引っ張られたら素早く竿を上に動かせば魚の口にハリがかかります。

ヘチ釣りの釣り方③釣り方のコツ

ここでヘチ釣りの釣り方のコツをご紹介します。ヘチ釣りでのコツはとてもシンプルで簡単なので、誰でも気軽にできるのでヘチ釣りをする時はぜひ思い出してやってみてください。魚がどんどん釣れてヘチ釣りが更に楽しくなってきます。

釣り方のコツは2つ!

釣り方のコツの1つは雨上がりに釣りをする、2つは河口近くで釣る、このたった2つだけです。これをヘチ釣りで利用すれば、普通にヘチ釣りをする時よりもバンバン釣れちゃうので癖になります。釣り好きにはぜひコツは知っておいた方が得です。

①雨が降った後は釣りやすい!

実は普段クロダイは警戒心がすごくあるんです。でも、雨が降ると海水が雨のせいで濁って視野が狭くなり、警戒心が薄くなってくるので比較的釣りやすくなってきます。逆に雨も降らないで天気がすごく良い日はクロダイが警戒してしまうので、かからないことがあるので雨上がりにヘチ釣りをすると良いでしょう。

②河口近くがねらい目!

ヘチ釣りでもう1つ釣れやすくするコツはクロダイの群れを狙う事です。クロダイは主に河口近くで群れを作る習性があり、防波堤の壁面にもカニや貝類など餌にできるものもいますが、河口近くにも結構多く潜んでるのでそこで釣ると良いでしょう。

NEXT フナムシも餌に使える