ヘチ釣りのおすすめタックルと釣り方をご紹介!仕掛けの動かし方も

ヘチ釣りの魅力

さてここでヘチ釣りの魅力をご紹介していきます。釣りをしたことがない人でも、ヘチ釣りの魅力を知っておいた方が釣る時にすごく役立つし、この場所でならあの大型魚を釣れると感覚的にもわかるようになるので詳しくなっていきましょう。

ヘチ釣りの魅力①初心者におすすめ

ヘチ釣りの仕掛けは初心者にも簡単にでき、手間もかかりません。釣りを1度もした事がない人でも大型魚を気軽に狙えて簡単に釣れるので、小型魚よりも大型魚を釣って豪勢に刺身にしたいという人はヘチ釣りをやってみる事をおすすめします。

ヘチ釣りの魅力②ヘチ釣りは日中できる

他の魚はほとんど暗い夜によく姿を現して、昼間は身を潜んで隠れたりしています。ですがクロダイやキビレは明るい日中でも構わずに姿を現す魚なのです。シーバスはクロダイなどに比べたら姿はすぐに現わしにくいですが、それでも船の影などに隠れたりするので、その近くで釣れば食いついてきます。

ヘチ釣りの魅力③ヘチ釣りは餌が現地調達できる

ヘチ釣りはわざわざ釣り道具を販売しているお店で餌を買わなくても現地で調達することができます。例えば、岩陰などに潜んでいるカニ、貝類(クロダイは主にイガイ)などを餌にして釣ることができます。ヘチ釣りお店で買うよりも、普段魚たちが食べているものの方が食いつきが良いのです。

ヘチ釣りの魅力④ヘチ釣りは仕掛けがシンプル

ヘチ釣りの仕掛けは、他の釣りの仕掛けのやり方よりも非常に簡単なんです。基本はハリ、おもりを使うのでとても簡単で釣りの初心者でもお気軽にヘチ釣りに挑戦できます。また、糸が見えにくいという場合は糸に目印をつけてわかりやすくする事も出来ます。

ヘチ釣りのタックル①ロッド

ヘチ釣りで使う一般的なロッドの長さは2m~3mで、選ぶ時は基本的に釣りをする場所の足場の高さで選ぶのが基本です。足場が低い場所ならロッドも短いので良いのですが、ほとんどヘチ釣りをする場所は足場が高い場所が多いので、3mのものを買っておけば大抵の釣りが存分に楽しめるでしょう。

プロステージ 攻堤ヘチ 300

宇崎日新 ロッド プロステージ 攻堤ヘチ 300

Amazonで見る

長さが3mのロッドなので足場が高い場所でのヘチ釣りで使うのがおすすめです。また、軽さもあり見た目も派手じゃなくて、実用性や値段の事を考慮するとお得なので、ぜひヘチ釣りを始めようとしている人にもおすすめな釣り竿です。

初心者に使いやすくお手頃

このロッドは上級者も良いですし、ヘチ釣りが初めてという人が使っても良いでしょう。使いやすく、すんなりと釣りを楽しめます。値段も初心者が扱う分にはお手頃な価格で非常に安くロッドを買うことができるのでおすすめです。

ロッドのスペック

  • 全長 3m
  • 継数 3本
  • 自重145g
  • 先径 0.8mm
  • 元径 19.3mm
  • 錘負荷 2~5号
  • 適合ライン 0.8~3号
  • カーボン含有率 85%
  • 仕舞寸法 114センチ
  • FUJI製ガイド
  • ステンレス製LSリールシート
  • グリップ部/リールシート部に滑り防止処理
  • 視認性のよいカラー穂先(白+黒+オレンジ)
NEXT プロステージ 攻堤ヘチ 210