ロゴス氷点下パックは最強の保冷力!上手な使い方や注意点を徹底分析

今回ご紹介するアイテムはロゴス最強の保冷剤シリーズ。真夏のキャンプ食材が暑さでダメになってしまったり、飲み物がぬるくなってしまうのとはこれでおさらばです。今回はそんなアイテムのシリーズの特徴や使用の注意点と、より冷える使い方を実際の口コミを交えて徹底分析します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

ロゴス氷点下パックで夏でも冷たさを保てる!

Pexels / Pixabay

アウトドアでは非常に良く使用されるアイテム。夏場などは特に飲料なども必要になってきますから、保冷できるボックスなどと一緒に使用することが多くなりより重要なアイテムとなることでしょう。そんな飲食物を保存しておくための保冷剤が、ロゴスからラインナップしています。どんなアイテムなのでしょうか。

ロゴス氷点下パックは強力保冷材

今回ご紹介するロゴスのアイテムは、端的に言ってしまえば非常な保冷材です。製品名通りの温度までの低温を実現しているアイテムであり、しかも同ブランドからこのシリーズが20種類と豊富なラインナップがされているのです。

ロゴス氷点下パックシリーズの特徴

そんな他に類を見ない非常に低い温度を保つことができるこのアイテムですが、実際に使用する時にどれくらいの恩恵を受けることができるのでしょうか。ということで、続いてこのアイテムの具体的な特徴についてみていきましょう。

保冷力は従来品の8倍!

保冷材やクーラーボックスなどを選別するときにおそらく一番大きく注目するポイントはそのアイテムの保冷量であるかと思われますが、なんと氷点下パックは今まで登場していたモデルの8倍もの能力を発揮し、サイズに関係なく製品名にある通りの温度を実現しているのだそうです。

持続力も従来品の8倍!

如何に強力な保冷力を持っているアイテムだとしても、その保冷力が続かないのであれば新鮮な状態で食材を保つことができず、すぐに傷んでしまいます。しかし保冷能力同様この面も従来のモデルから強化されており、8倍の持続力となっています。

初めて買うならハードタイプがおすすめ

そんなご紹介しているアイテムですが、大きく分けてハードのタイプとソフトのタイプの2タイプがラインナップしています。どちらも保冷をすることに関してのスペックに変わりはないのですが、初めてこのアイテムを使う時にはどちらを使うべきなのでしょう。

ハードタイプは頑丈で長持ち

FunkyFocus / Pixabay

まずハードタイプ、つまりケースの中に入っているタイプは見た目から分かる通り頑丈な作りをしています。加えてとても長持ちするようになっていますので、何度もアウトドアに使用することを想定している方や初めての方はこちらのタイプの方をおすすめします。

ソフトタイプのメリットは安価

続いて、ソフトタイプの方の特徴についてです。こちらは表面温度などはハードタイプと変わりないですが、いかんせんソフトですので頑丈さについてはハードタイプより劣ります。ですがその分お値段が安くなっていますので、あまり使用頻度が多くないならこちらがおすすめです。

冷却能力も注目!

NEXT 冷却能力も注目!