ムーンライトテント2型が便利で優秀!設営や用途・冬場の使用もチェック

ムーンライトは寒さには弱い面も

Simon / Pixabay

通気性が抜群にいいムーンライトテント2型ですが、その反面、寒さには弱くなっています。換気のために、フライシートの裾と地面との間に隙間ができるように設計されているのですが、冬の場合そこから暖かい空気が逃げ出していくのです。

冬期を想定して作られているテント+フライシートの場合、シートの裾が地面につくようになっています。テントを空気層で包み込み、テント内の暖気を逃がさないようにする設計なのです。ムーンライトテントも、フライシートがないよりも暖かくはなるのですが、雪の中での使用するとなると、若干防寒性能が弱いです。

冬以外の3シーズン使用がおすすめ

giampaolo555 / Pixabay

ムーンライトテントの通気性を活かし、快適に過ごすためには、冬以外の3シーズンでの使用がおすすめです。冬に使う場合でも、雪のないキャンプ場で使用しましょう。雪の中でキャンプする場合は、他のテントで過ごすときよりも防寒できるアイテムをそろえましょう。

ムーンライトテント2型のおすすめオプション|専用グランドシート

ムーンライトテント2型には、専用のオプションアイテム・グラウンドシートが発売されています。ムーンライトテント2型の特徴的なかたちにあわせてあるので、普通のピクニックシートよりも使いやすくなっています。ここではその性能と機能を説明しますので、購入の参考にしてください。

ムーンライト 2 グラウンドシート

出典:mont-bell

テントの下に敷く、下敷きのようなシートです。この上にテントを立てることで、テントの底面が汚れることを防げます。一枚生地なのでぱたぱたとはたけば汚れが飛んでいき、メンテナンスがテントよりも楽にできます。

雨の日や、ぬかるんだ地面の上にテントを設営する場合、テントの床からの水の侵入を防いでくれる効果もあります。テントに合わせた大きさになっていて、四隅にポールをさせるので、ポールとフライシートを組み合わせて自立式タープにもなります。

サイズがピッタリなので使いやすい

グラウンドシートは、安いピクニックシートでも代用できるのですが、テントの床面より広く敷いてしまった場合シートとテントの床の間に水が入り込んでしまいますし、テント自体もしっかりと立たなくなります。ムーンライトテント2型は床面が台形になっているのが特徴なので、専用の物を使うと便利です。

商品詳細

  • 素材:完全防水ポリエチレン3層フィルム
  • 重量:580g
  • カラー:グレー×ライトグリーン(GY/LG)
  • サイズ:215×145cm
  • 収納サイズ:6×13×30cm
  • 付属品:スタッフバッグ
  • 購入はこちらから

グランドシートの重要性についてはこちら

ムーンライトテントシリーズのラインナップ

ムーンライトテントのシリーズは、サイズ別にいくつものタイプが販売されています。一人用の軽いものから、家族でワイワイと過ごせるものまで。すべて、ムーンライトテントの魅力を活かせるように考えられたデザインになっています。

NEXT 完全ソロ向け|ムーンライト1型