ダイソーリュックのおすすめ6選!防災や収納などの活用方法も!

ダイソーリュックのおすすめ6選⑥

最後にオススメする6つ目はビニールナップサックです。絵柄も豊富に備えてありますので、シチュエーションや季節によってつい使分けることができます。ビニールナップサックのおすすめ理由とスペックなどを紹介していきます。

同じビニール素材のビニールバッグで、肩掛けタイプと背負えるナップサックタイプがありますが両手が使える利点からナップサックタイムがおすすめです。柄はシンプルなボーダータイプから動物の絵柄のナップサックがあります。

ビニールナップサック

可愛いデザインが揃っているビニールナップサック。デザインの種類も豊富なので、大人でも子どもでも利用できる製品となります。好みのデザインの製品を見つけて楽しむことができますので、オシャレやアクセントにも利用できます。

ナップサックはビーチサンダルやタオル・水着などを入れたりしても余裕がある大きさです。旅行のときなどにも、下着やタオル・化粧品など細かく分けて旅行鞄に入れることもできます。旅行先にてお土産とうで荷物が増えたときに折りたたんで入れていれば荷物が多くならずにすみます。

夏や旅行先で活躍ビニールナップサック

夏などにはトロピカルな柄のデザインで海やプールに行ったりして気分を楽しむことができるビニールナップサックです。ビニール素材のナップサックなので、耐水性もあります。海やプールなどのレジャーでも活躍でき、普段は急な雨などにも中身を濡らす心配のない製品になります。

スペック詳細

  • 価格:100円(税抜き)
  • サイズ:横約40㎝・縦50㎝・底マチ10㎝
  • 耐荷性・耐水性:あまり重たい荷物を入れると破れてしまう可能性がありますが、ビーチサンダル・薄手のパーカー・タオルぐらいまでは入れても大丈夫です。ビニール素材なので、プールや海のあとなどの濡れたタオル・服などを入れても大丈夫です。

他オススメのリュックはこちら

ダイソーリュックの活用方法3選をご紹介!

6つのダイソーのリュックサックを紹介しましたが、様々種類のあるのリュックサックがあります。リュックの種類や素材・耐久性などによ活用方法が変わってきます。ここでは、活用方法を3つに分けて紹介していきます。

ダイソーリュックの活用方法3選①

まず1つ目に紹介するのは、お部屋のインテリアの収納として活用できる方法を紹介します。クローゼットの中にしまいがちになるリュックですが、インテリアとして部屋に飾っておくこともできます。

インテリアの収納として使用する

インテリアとしてオススメできるのは、やはり子ども用のネコちゃんリュックになります。見た目のインパクトが大きいネコちゃんリュックは部屋に飾っておくととても目をひくリュックとなっています。

NEXT 詳細