なぜ青い!アナハゼの釣り方とその味は?レシピも紹介

アナハゼの旬は?釣れる時間帯は?

アナハゼはいつの時期に釣れるのか?答えは基本的には1年中釣れます。しかし秋から冬にかけては根魚シーズンのピークなので、アナハゼも根魚釣りで釣れやすい魚のため釣れやすくなると思います。また、アナハゼにとって11月は産卵の時期でもあります。もしかしたら子持ちの魚も釣ることができるかもしれませんね。アナハゼは夜行性の魚なので、釣る時間としては朝・夕まずめでしょう。しかし動きに反応する性質なので、昼でも海底を意識して狙えば釣ることは可能だと思います。また潮が動くときも、小魚が潮の動きに反応して移動するため、アナハゼの食い気もあがって釣れやすくなるでしょう。潮が動き出してから積極的に誘う釣り方で、良い釣果が出ます。

 

アナハゼのレシピ

アナハゼが見た目から食用として避けられてきたようです。しかし毒もなく食すと意外と美味なことから最近では食べる方も多く存在します。アナハゼは大きいサイズが釣れることは滅多にないようなので、小魚の捌き方によく用いられる大名おろしや松葉おろしで捌きましょう。下準備として、塩をまぶしてぬめりをとります。ぬめりをとったら頭と内臓をとりましょう。アナハゼのサイズはさほど大きくないので、逆に小さくて捌くのが大変かもしれません。しかし慣れるとそこまで大変ではないので、練習あるのみです。

アナハゼの刺身

見た目が青くても気にしない、むしろその青さが気に入っているという人はアナハゼをぜひ刺身で食べてみましょう。加熱処理せず、本来のアナハゼの味を味わうことができます。そんなアナハゼの味はどのような味なのか。食した方の感想としては甘えびのように甘くて歯ごたえはこりこりとして滑らかな舌触りで意外と高級感があるような感想が多くありました。

アナハゼの味噌汁

味噌汁として食すときのメリットは内臓以外のものをすべて入れることができ、アナハゼのダシと味噌がマッチして手軽に食すことができるのがポイントです。下準備をしたアナハゼの身と内臓以外の頭などを水に入れて、沸騰したら味噌を足して完成です。お好みでネギをいれるのもいいかと思います。

アナハゼの素揚げ、唐揚げ、天ぷら、フライ

素揚げは魚をそのまま揚げる方法ですが、ほかの揚げ物もできます。唐揚げや天ぷら、フライにするのも小魚の定番ですね。唐揚げの場合は小麦粉や片栗粉をまぶして揚げます。天ぷらの場合は小麦粉に卵、水で溶いて揚げます。フライの場合は小麦粉、卵、パン粉でまぶして揚げれば完成です。

アナハゼのタックル

アナハゼ専用の竿というのはありませんが、アナハゼは根魚釣りの外道として釣られることが多いです。そのため根魚釣りに適したタックルをここではご紹介します。

アナハゼ釣りに適したロッド

根魚専用のライトゲームロッド(メバルロッド)を選びましょう。安いものでは3千円~くらいから販売されています。アナハゼは比較的に警戒心が薄く釣りやすい魚なので高性能な竿じゃなくても釣れます。

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S76UL 7.6フィート

出典:Amazon

こちらは根魚以外にもイカ釣りなどにも幅広いジャンルに対応できるロッドです。値段も5000円代でお得ですね。

ダイワ(DAIWA) メバリングロッド スピニング 月下美人 76UL-S メバリング 釣り竿

出典:Amazon

こちらは根魚釣りの定番メバリング専用のロッドです。上記よりも根魚のメバルやアジにターゲットを絞って徹底して狙いたいという人にはおすすめです。

NEXT アナハゼ釣りに適したリール